2008年07月07日

進化



眠いったらありゃしません。
ゆうべは、天辺越える辺りまでは頑張りましたが、1回目のサスペンデッドで力尽きました…まさかこの後に、怒涛の展開が待っていようとは(涙)。
試合が終了したのは、日本時間で午前5時過ぎだったそうですね。さすがにそこまで起きていたら、今日は仕事に行けなかっただろう…幸いだったのかどうなのか。でも見たかった…。
毎年、ウインブルドンの男子シングルス決勝はなぜ日曜日なんだろう、と極東の島国の人間としては、こっそりそう思うのでした。
たまには女子と逆にしてくれたっていいじゃん(無茶なことを・笑)。

そんなわけで、未だにナダルが勝った瞬間のVTRですら、見ていません(涙)。もう、来週のダイジェスト放送に頼るしかないか…。

それにしても、本当に歴史に残る名勝負でしたね。
長いことウインブルドンは見ていますが、忘れられない試合になりそうです。

第2セット終了直前までしか見てないけど、この試合、何はともあれナダルの驚異的な成長と、おそらくフェデラーに対して立てられた綿密な作戦の賜物でしょう。バックにボールを集めたこと、ネットに出させない程のショットの深さ。そして何よりも、このコート内にまったく死角がないボールの拾いっぷり!一体どこまでがコートなの?という感じでしたよねー。どうして、あんなところに落ちたボールが拾えるのか、拾えてちゃんと返せるのか、と。

対するフェデラーですが、確かにペースが狂わされたことがあるでしょう。本人のコメントにもありましたが、前半、つまり2セットダウンの間に、ネットプレーであまりにもミスが多かった。ブレークポイントまで行くのに、その先に踏み込めなかった。それが痛かったですね。
それでも(私が寝た後に)、タイに持ち込んだのは、物凄い精神力ですね!起きてからニュースで見て、びっくりした(笑)。あの状態からよく…しかもサスペンデッドが入ったのに。

ナダルはボルグ以来の、クレーと芝、両方の王者だそうですね。すごいよなー。28年前の試合は流石にわかりませんが、私がテニスを見始めてからは、全仏と全英の試合というのは、勝者が違って当たり前だと思ってましたよ。現実にそうだったし。
どうでもいいけどボルグ氏、昨日テレビに映ってましたが、現役時代よりもうっかりすると今のほうが若く見えるよね(笑)。

そしてフェデラーですが、というわけで、今年は4大大会、まだ優勝がないんだよね。今年の初めは不運続きでしたが、これで最後に残るフラッシング・メドウがどうなるのか…?全米はハードコートだし。
…でもウチには、WO●OWが入っていないので、見られない…ちぇ。

記録はいつか止められるもの。それが、今年の7月6日だったということでしょう。
ウインブルドンの決勝に相応しい、素晴らしいテニスプレイヤーの試合を見せてもらいました。

ところで、来年からセンターコートの上に開閉式の屋根が着くそうですね。サスペンデッドになったときに、名物のシートをコートに掛けるシーンももう見られなくなるのかと思うと、ちょっと感慨深いような。
実際には、屋根が閉まるまでに10分ほど掛かるので、まだシートは使用するかもしれない、ということらしいですが。

やっぱり、他のどの試合、どのコートよりも、ウインブルドンのセンターコートの試合は好きです。試合だけじゃなくて、何もかもが楽しめる。何もかもが好き。
一度、現地で見てみたいなあ…(まず不可能でしょうが)。

…来年は「ウインブルドン休暇」を本気で取ろうかと思った、日曜日の夜中でした(笑)。

posted by Mikkey at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102391278
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。