2008年08月25日

北京オリンピック閉幕

そういえば記事にはほどんど書いていませんが、オリンピックはなんだかんだで毎日見てました。

しかし毎日見てた割には、今回よりも前回のオリンピックのテーマソングが頭に浮かんでしまうのは何故なんだい、N○K?

それはともかく、選手の皆様はお疲れ様でした。

今回のオリンピック、ちょっと気にかかるのは、金メダルがほとんど2大会連続の人たちだということ。
おそらくこの人たちの中で、何人かは現役を引退することになるわけで。
次にチャレンジする選手たちは、初めての選手は度胸をつけて(笑)、連続で出場できる選手は今回のことをバネにして、頑張っていただきたいですね。終わった瞬間に、次への戦いが始まってるんだよね。スポーツ選手って、すごいなあ。

ところで、最後の最後にメダルが取れなくって、大ブーイングな野球。ソフトボールで金が取れたばっかだったし、何かタイミングも良くなかったよなー、という気がしますが。

メダルが取れなかった瞬間に、ワイドショーなどで「だから最初のコーチ選考からおかしいと思ってた」なんて意見を言ってますけど、それはどうなのさー?いくらなんでも後出しジャンケンでしょ。だったら、その時に批判すればいいのに。

いろいろと意見はありますが、個人的にひとつだけ、やっぱり采配がおかしかったよな、とは思います。というのは、最初の方の試合で、阿部をDHに据えてG.G.佐藤に守備をやらせたことが、私はすごく引っ掛かってたんですね。

その後の試合で、G.G.は致命的なエラーを犯してしまうわけですが、だいたいさ、普段の試合でロクに守備をやってない選手に、国際試合でやらせるってのはどうなのよ?

こういう感情があったので、その後の試合は見ていて少々微妙な感じでした。

引っくるめて総括するのはちょっと乱暴かもしれませんが、柔道でもマラソンでもサッカーでも野球でも、どうもマスコミに注目される競技っていうのが、妙に気弱になっているように思うんです。
報道されてプレッシャーもあるだろうし、面倒くさいこともいろいろ絡んでくるだろうけど、それを跳ね除けるだけのタフさが、今の選手にはあまり見えないなあ…と。
もちろん、マスコミの報道の方法もどうかと思うけど。

その代わり、例えばフェンシングのように、通常は見向きもされないような競技の選手が頑張ったりしますよね。オリンピックは、マイナー競技の選手にとっては、千載一遇のチャンスだし。

その時代によって、得意な分野と苦手な分野の波が変わるのは当然なので、別にメダルの連続記録が途切れたからって、どうってことはないでしょう。次に頑張ればいいんだから。

ただそういうわけで、選手達が体力面でも精神面でも、最大限の力が発揮できるように、周囲は整備していければいいと思います。基本的なことだけどね。

それにしても、今回の開催国はいろいろといろいろだったなあ、と(笑)。良い面も悪い面も、ホントいろいろでしたね。

次のロンドンは、こんなに巨大なバブリーなオリンピックではなく、節約オリンピックを目指しているようですが、つーかそれが当たり前のことなので(笑)、どうなっていくのかまた4年後に、というところですね。

posted by Mikkey at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105327498
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。