2008年12月23日

お勉強の方法

今朝の新聞の一面を見て、「はあ?」と目を丸くしました。

なんでも、高校の英語の授業をすべて英語でやる、とかいう話になってるそうで。

…バカなの?

あのさー…。
「喋れる」と「教える」は、全く別要素でしょう。「教える」てのは、別の適性がいるんだよ。仮に学校の英語の先生が、英語をべらべら喋れるとしても、それを使って教えるのは、また違う話だよ。

しかも、今の高校のクラスの人数でやるわけでしょ?いくら少子化ったって、30人ぐらいはいるわけですよね。無茶だよ。普通の英会話教室だって、それで授業を進められるのは、せいぜい10人ぐらいだよ。

私が英語の先生だったら、「そんなに簡単だと思うなら、てめーがやってみろ」って言う。絶対言う。そして誰でも大丈夫というなら、そういう授業を試しに受けてみればいいじゃん(笑)。

生徒のほうだってね。やる気のある子はすでにそういう学校を選んだりする年齢なわけだし。一部の学校でやってるからって、全部の学校でできるなんて考えたら、大間違いだよ…。

なぜかこのブログでも「English」というカテゴリーがありますが、そこで何度も書いてるけど、中学校程度の英語だって喋ろうと思えばなんとかなります。旅行とかね、道を訊かれるくらいならね。結局のところは、本人の気持ち次第。学生時代、英語の得意な友人が、外国人に道を訊かれて逃げたところを見たりしましたよ(笑)。多少のことなら度胸一発、そんなものじゃないですか?だって、英語圏の人間じゃないんだもん、間違えたって当たり前じゃん。

すべての人間が必ず留学するとか、必ず英語を使った仕事をするとか、そう考えてるのかしら?仕事レベルの英語なんて、高校3年間でやったくらいじゃどうしようもないことは、誰もが知ってるはずなのにね。
ちょっと英語が出来るくらいで、ご飯が食べられれば苦労はしませんよ(笑)。

そして、高校時代にやったとしても、使わなければ忘れるんだから、どうせ(実感中)。

本当は、英語に興味を持たせることが先決だと思います。小学校で英語を教えるって話もあるけど、英語だけの授業をやるなら、どっちかといえば、小学校でしょう。それで、余所の国の人と対することに不安を持たせないこと。こればかりは島国日本なので、先にやっといたほうがいいかもしれない。

それよりもまず、日本語をしっかり学ぶことのほうが大切なんじゃないかな。日本語と、日本の歴史を。どうも文●省というところは、イヤなことからは目を逸らそうとするのが得意なので、歴史関連のことに関しては全くパブリックな面を作ろうとしませんが。

だってねー。学生時代によく感じたけど、数学や物理なんて、まず日本語の意味がわからないもんね(笑)。これは本当に日本語ですか?!と思ったりしたもんなー。
あと英語を知ってたって、会話術が発達してなきゃ、結局話にならないじゃないですか。別に歴史関連のことじゃなくてもいいけど、私が今、時候の挨拶ですら苦労しているように(笑)、そういう日常レベルのことからちゃんとして欲しいと思います。

最近は、様々な国籍の人が街を歩いています。英語よりも中国語や韓国語の挨拶程度を覚えたほうがいいんじゃない?と感じることも、多くあります。そして、昔はそうでもなかったけど、今は外国の人も日本語で話しかけてくることが多くなりました。

だからもちろん、英語を教える・学ぶことを否定しているわけではありません。そりゃ、できないよりできたほうがいいもん。
どうせやるなら、双方にとって効率の良い方法を取ったほうがいい、ということです。こんな無茶振りではなく。

語学の勉強っていうのは、本気になったら、一過性のものではなく、一生続くものですよね。
本来の意味での「勉強」ということを、もう少し考えたほうがいいのでは?と思います。

…それにしても、なんでこういう話になると、ついエキサイトしちゃうんだろ、私…(笑)。
posted by Mikkey at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。