2009年01月17日

「風が強く吹いている」

最近のお正月の風物詩といったら、箱根駅伝。
正月2日と3日という、ほぼ出かけずに家にいる条件の良さ(?)もあってか、だいたい毎年欠かさずに見ています。
個人的には、往路のほうが好きかなー。復路はなんか現実に帰ってくるみたいで、ゴール間際に寂しくなっちゃうので(笑)。

今日はル・テアトル銀座で上演されている「風が強く吹いている」を観てきました。

原作は三浦しをんさんの小説。簡単に言っちゃえば、突然箱根駅伝出場を目指すことになった、無名大学(業界では)の陸上競技部のお話です。

だいぶ前に、原作は読んでいました。当然ながら走る場面が多いし、そもそも場所移動が激しい(駅伝部分だけでも)話なので、舞台になると聞いたときには、何をいったいどうやって?と思ったものです。

原作が割と長い話なので、1時間上演して休憩が入り、その後は1時間40分ノンストップ!
観るほうにも、覚悟が要りました(笑)。

感想はネタバレ含みます。これからご覧になる方は、ご注意ください。


さて。

舞台ですが、話の推移はほぼ青竹(彼らが住んでいる寮)の居間で行われました。
なので、走っていた(結果起こった)ことは、ほぼ伝聞の形で客に伝えることになりました。原作で言うと、河原で走る場面とか合宿の場面とかが、ほぼ削られているような形ですね。ただ、それで話がわかりにくいということはないように思えたので、この処理の仕方はベストだったかな、と。
それから葉菜ちゃんと双子の恋愛は、かなりすっぱり切られていたように思えました。時間の都合で、これも仕方なかったかな。

ただ原作を知らない友人は、登場人物が覚えきれないと言ってたんだけど、これはねー。3時間弱で10人の選手の区別をというのは、なかなかに難しいよね(笑)。しかも駅伝は野球みたいにポジションもないし、競馬みたいに各々違う勝負服着てるわけじゃないし。
名前が覚えきれないって言ってたな。

駅伝の走る場面は、だいたい予想していた感じのセットだったけど、実際に走りながらセリフ言うのは、大変だったんじゃないのかなー?でもセリフが聞き取りにくい人とかはいなくて、さすがはプロの役者さんたちです。1区、2区と進んでいる間は、話(結果)を知っている私もドキドキしていました。
けど、キャラによっては、まったく走ってない人もいたよ?(笑)

印象に残ったのは、やはりハイジ役の黄川田将也さん。ハイジというキャラクターは、原作読んでても非常に掴みにくいキャラクターだと思うんだけど、その茫洋としたハイジを丁寧に演じられていました。かなり難しい役だと思う、ホントに。「仮面ライダー THE NEXT」のときと、ぜんぜん印象が違ってびっくりでした(当然か)。

そして、カケルを演じた和田正人さん。ご承知の方も多いかと思いますが、彼は実際本当に大学時代箱根駅伝に出場し、しかも今回の役カケルと同じ9区を走った人です。
今回の舞台は、個人的には和田くん目当てでした。役者としての彼が、とても好きなので。
実際に自分が経験したことを、(おそらくは)自分とは違う動機で演じるというのは、どんな感じなんだろう?と思っていました。
カケルという役もかなり難しいと思うのですが(ハイジもカケルも「走る」ということに特化しているキャラなので、他にコレといって特徴がないんだよね)、和田くんはひたむきにカケルを演じていました。そしてさすがに走るときのフォームが綺麗でした。

今日のアフタートークでは、ムサ役のデイビット矢野さんが(無理矢理)司会で進行していました。かなりグダグダだったけど、面白かったです。イラっとくるところまで、面白かったよ(笑)。
この人、以前CMでバレエ踊ってた人だよね。びっくり。

観劇の後は、一緒に行った友人と、ちょこっとお茶を。
どうでもいいけど「PA●CO」と付く劇場は、なんでこんなにチケット代が高いんだろう?と話題になりました。ここもそうだけど、渋谷の劇場も。掛かる芝居はけっこう観に行きたいものがあるんだけど、いつもチケット代で躊躇しちゃうんだよね。おかげで渋谷はしばらく行ってないし、銀座もいったい何年ぶり?という感じ(名前変わってから初めてかも)。

大人なんだからそれぐらい、と思わないでもないんだけど、観に行く芝居はココだけじゃないんだからさ(笑)。

でも今回は、なんとか観に行けてよかったです。いい舞台でした。
ラベル:三浦しをん
posted by Mikkey at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。