2009年07月06日

素敵な青空

昨日行われた、ウィンブルドン・男子シングルスの決勝。
4時間を超える熱戦の末、ロジャー・フェデラーが一昨年以来の優勝を果たしました。

…昨日は、第3セットの第7ゲーム目ぐらいで力尽きました…。

決着が着いたのが、最終セットの第30ゲーム目ということを今知り、たまげました。む、無理だよ、最後まで見るのは…。
計77ゲームというのは、新記録だとか。な、ななじゅうなな…。

(私が見た限りのところですが)去年の対ナダル戦も死闘を繰り広げたという感じでしたが、今年の対ロディック戦も、まさに死闘という感じでしたね。第1セットをロディックが取ったときには、もしかしたらこのままずるずると…?と思いましたが、やはりそうはいかなかったか。

これでフェデラーは、全仏に続き今年ふたつ目の4大大会のタイトルですね。全仏と全英のタイトルが同じ人って、何かすごい。
ピート・サンプラスのタイトル記録も抜いたとか。

ところで…昨日客席に座ったピート・サンプラスの姿を見て、かなりびっくりしたんですが…ふ、老け(略)。
解説席にいたマッケンローのほうが若く見えたのは、私の気のせいだと思いたい…。

今年のウィンブルドン、センターコートに屋根がついたのに、使用されたのは1回だけだったというくらい、良いお天気でした。
昨日の映像も、センターコートの上には、美しい青空が広がっていました。
なんとなくですが、それこそがウィンブルドン、という気がします。

posted by Mikkey at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122906056
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。