2009年07月22日

世紀の瞬間

今日は、国内では46年ぶりとなる皆既日食がありました。

昔々星愛でる姫君(笑)だった私が、事典で見ていた皆既日食の写真は、この46年前の北海道での日食でした。

そんな写真を眺めながら、皆既になったときの世界はどんな風になるんだろう?と想像を巡らせたものです。

今日、それを体験できた人がたくさんいるのですね。いいな〜。

皆既帯は雨や曇りの場所が多かったようで、それが残念でしたね。

でも、東京でも微かに部分日食が見られた場所もあったとか。ブログなどに写真が上がっているのを見ました。

私はオフィスの中に閉じ込められていたので、なんとなく暗いかな〜?と感じたくらいでしょうか。曇ってたから、その辺もよくわからなかったですね。

次の国内の日食は、2012年、金環食だそうで。ある意味金環食というのも非常に見る機会がないので、次はしっかり見てみたいですね。休みなのかしら?(笑)

新聞の記事にありましたが、皆既日食の最中に、太陽の近くに水星とプロキオンが見えたとか。

なぜ冬の星が見えるの?と不思議に感じた子供もいるかな?と思います。

都会に住んでたりすると、なかなか夜空を見上げることもないだろうし、そういう小さな疑問から、空に興味を持ってもらえたら嬉しいですね。

良い機会になったかな、と思います。
posted by Mikkey at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124050173
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。