2009年12月24日

おじさんがんばる

今日はクリスマスイブー。

といっても、別に何をするわけでもなく。
前回の日記から10日も経ってるのは、その間何がなにやらという日々を送っていたせい。やっと今日、久しぶりにフツーの時間に家に帰ってきて、ゆっくりしているところです。

って別に、仕事が忙しいっていうんでもないんですが(笑)。プライベートも忘年会がたくさん詰まってるとかぜんぜんそういうんじゃないんですが、なんでこんなに意味も無くバタバタしているのか…。
年賀状も今年はないのになー。

友人には言われたんですが、週2回習い事してると、けっこう時間取られるよね、と。確かに、それはあるかもしれません。寄って帰ってくると、家でPC開く時間はなくなるしね…。

というわけで、昨日の休日は、いつも木曜日にあるバレエのレッスンが冬休み体制で休日に移動になったので、それに行ってきました。普段よりちょい難しいことに挑戦というテーマのレッスンだったので、何か今日は体の後ろ側が筋肉痛…。
たまに飛んだり跳ねたりすると、地球の重力とともに自重(じじゅう、ね)を感じます…。
来年の目標は、ダイエットだ(と、毎年言ってる気が)。

そして歳を取ると、いろいろと体が思い出すのに時間がかかるのを実感しますね。いやこれ昔やったことあるはずだから私!と頭ではわかってても、なかなか体がついていきません。慣れの問題とかもあるけど。

そんなことを感じていた今日この頃でしたが、今朝のスポーツ新聞のニュースを見たら、まず飛び込んできたのはナカジの契約更改保留の記事などではなく(契約更改のニュースはあまり見ないことにしてます)、

・ゴン中山、J2コンサドーレ札幌へ

という記事。

ジュビロの契約を打ち切られることが決まったとき、正直中山さんも辞め時を間違ってるんじゃないか?と思いました。特に昔のVTR、ジュビロ黄金時代のとか見せられるともうね…ま、そう感じてるのは中山さんだけに限ったことじゃないんだけど…。

でも今日、記者発表の記事を見ていると、やっぱりこの人はまだサッカーを辞められないんだなと、改めて思いました。コンサドーレ(のサポーター)的にはどうなんですかね、この移籍は?
雪の中で立っている中山さんの写真を見ましたが、ちょっと心配になったのは、生まれてこの方ロクに雪なんか降ったことのない土地で暮らしてた人が、いきなり雪国に行って大丈夫なんか?!ということ(笑)。
静岡と札幌って、気質が似てるみたいですけどね。新商品のテスト販売に選ばれやすい土地柄という共通点…。

そして、その次に目に飛び込んできたのは、

・ミハイル=シューマッハ、来季F1復帰、メルセデスへ

という記事。

いやー…今年の夏、マッサがケガをしたときに、1戦だけ復帰っていう話があったじゃないですか?それを見たときに、うわーやる気満々だな、この人!と思ってはいたのですが。
まさか不惑を越えて、F1復帰とは。
ただ彼の場合、引退したときの雰囲気が「なんかちょっと疲れちゃったなー、少し休もうかなー、でも休んだら辞めなきゃなんないよなー」という感じ(あくまでも個人的感想です)だったので、なんとなくいつかこういう日が来るんじゃないか?と思わないでもなかったです。
私はニワカを言われても頭を下げるしかないぐらいのF1TV観戦者ですが…やっぱ、シューマッハみたいなドライバーがいないと、盛り上がらないんだよなー。なんだかなー。

国籍の違いはあれど、歳の近いこのアスリートたちのニュースというのは、やっぱり嬉しいですね。
いつまでも現役を続けていたりすることに賛否両論はあれど、人生80年の時代に20代が絶頂期というのも何か変な気はする…と思わないでもないです。20歳での成人式が早過ぎ、みたいな風潮もある世の中だしね。そりゃもちろん、スポーツの種類にも拠りますが。

しかし…F1はよくわからないので置いておきますが、未だに中山さん移籍の中での大きなポイントが「グッズ収入や広告料が見込める」みたいになってるのはなんなんですかね?そろそろ若い選手からカリスマと呼ばれるプレーヤーが出てきてもいいんじゃないのかな?老若男女誰もが知っているプレーヤーが、サッカー界にはいない…と何年か前から言われていますが点…ま、こればっかりは努力したからって身につくものでもないっていうのは、重々承知してるけどね。

ただ、サッカー選手…というか、サッカーに限らずどのスポーツ選手でも、二つ名で呼ばれるような選手じゃないとダメな気がするんだよね、なんとなく。例えば三浦がカズ、中山がゴン、中田がヒデ。って並べると、単なる名前の短縮形みたいなもんだけど。いやいいんですよ、別に「フィールドの貴公子」とかでもさ(笑)。

ただね、皆が親しみ(時には憎しみ)を込めてそう呼ぶことによって、どれだけ期待されてるか、それだけ期待をされてプレーをしている自覚というか、そういうのが生まれるような気がするんです。
そういや、シューマッハも…なんだ、あれは「皇帝」?
マスコミが勝手に付けたといえばそれまでなのかもしれないけど、誰もがその呼び名でその選手のことを知っている、というのがね。
カリスマなんだと思います。

サッカーの場合は、もしかしたらファンタジスタ?と今書いてて思ったんですが、中山さんって違うよね(笑)。

何はともあれ、来年はこのふたりのおじさんがどう活躍できるのか?
ちょっと、興味津々です。

posted by Mikkey at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136489424
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。