2006年02月24日

金の輝き

昨日から今日(土曜日)にかけて、多くのブログがこのお題で書かれているかと思いますが。
私も書きます(笑)。

トリノ・オリンピックで、荒川静香さんが、見事金メダルに輝きました。

今回のオリンピックで初のメダル。フィギュアスケートでは、アジア人として初、日本人として初。何かいろいろ、初づくしです。

そして、長野の里谷多英さんに次ぐ金メダル。競技上では、アルベールビルの伊藤みどりさん以来のメダル。

まさに快挙です。

昨日の朝、目覚ましをかけておいたにもかかわらず起き上がることが出来ませんで、起きたときにはすでに最終滑走者が滑っておりました(凹)。とりあえず、金メダル決定のところはライブで見られた…よかった…。

夜のニュースでゆっくりと競技を観賞しましたが、本当に素晴らしかったですね!誰もがこう言ってるだろうと思うので、違う表現が使いたいのですが、思いつかないくらい(苦笑)。

私が荒川さんの名を初めて拝見したのは、確か長野オリンピック前だったと思います。今ほどではないけれど、当時16歳の彼女は、やはりアイドルっぽく祭り上げられていました。1人だけしか枠がなかった長野では、13位という結果。状況を考えれば仕方ないと思いますが、あのときは確か、「日本のフィギュアはもう期待できない」とかいう記事がマスコミに出たような気がします。それが今回はこの大騒ぎ。ま、そういうもんだと思いますし、それが金メダルを獲得した、ということなのでしょう。

そういったことは、荒川さんの演技には、何の係りもないことで。長野から8年、その間には本当に様々なことがあったでしょう。スランプに陥ったこともあったようだし、引退を考えた時期もあったようだし。でも、彼女はそういったことを全て乗り越えて、トリノのこの舞台で「荒川静香の世界」を見事に創り上げ、全世界に見せ付けてくれました。

今までのオリンピックでもそうですが、フィギュアスケートの金メダリストたちは、誰も彼もがその人たちの「世界」を創っていたように思います。自分しか出来ない、自分にしか見せられないスケーティング。荒川さんの4分半にも、本当に彼女しか創れないストーリーが、見事に表現されていました。そういったスケートは、長く長く、人の心に残ることでしょう。金メダリストというだけではなく、「あの日あの時」の滑りは、しっかりと見ている人たちの心に刻まれたと思います。
本当におめでとうございます。

4位に終わった村主さん。惜しかったですね。彼女も、彼女独特の世界をしっかりと創り上げていました。SPから、点が低すぎるよなー、と思っていたのですが…テクニカルな面が足りなかったのかな…この辺が採点競技の難しいところではありますね。でも、彼女の演技が素晴らしかったことは、フリーの後の得点が出た瞬間に、場内から上がったブーイングが証明しているでしょう。彼女は次のオリンピックも目指すということ。年齢的にチャレンジと言われてしまうでしょうが、村主さんにしか出来ない滑りがあるのですから、ぜひ頑張って欲しいと思います。

15位の安藤美姫ちゃん。私の周りの人は、誰も彼もが「衣装が…」「メイクが…」と言っていましたが、正直私もそう思います。そもそも今季のプログラムが、本当に彼女に合っていたのかどうか。18歳の安藤美姫の、溌剌とした魅力を存分に発揮できるプログラムだったのか。そういうところで、疑問が残りますね。あと、アイドル的に持ち上げられて、彼女自身にも惑いがあったように思います。でも、それが18歳。悩んで迷って、試行錯誤を重ねながら、「安藤美姫の世界」を創っていって欲しいですね。下の世代の台頭があったとしても、美姫ちゃんは美姫ちゃんにしかできないスケーティングがあるはずですから。バンクーバーでは、22歳の美姫ちゃんの魅力を最大限に表現できるような、そんなスケーティングが見たいです。

荒川さんは1時間しか睡眠を取れないうちにエキシビジョンに突入したそうですが、たとえ眠れなくても素晴らしい夜だったでしょうね。先程録画中継されていたエキシビジョンでも、素敵な滑りを見せてくれました。

ところで、この女子フィギュアスケートを中継していたN●Kのアナウンサーの方、先日のアテネ・オリンピックのときに、男子体操で「栄光の架橋」とおっしゃった方だそうで。私は、あー●HK杯と同じ人がやってるー、安心してみられるー、と寝ぼけた頭で聞いていたのですが…すごいなー、金メダルアナウンサー(笑)。でも、スポーツ中継で、この方の声を聞くと、安心するんですよね。余計なことは言わないし、解説者に話しかけるタイミングも絶妙だし、的確だし…オリンピックやワールドカップになるといつも思うけど、テレビで見ているこっちにはアナウンサーの喋りは多大なる影響を及ぼすので、日々研鑽していただきたいですね。特別ゲストとかいらないから、別に。
posted by Mikkey at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13726654
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。