2010年06月15日

わずかな望みを賭けて

一昨日、私もニコ生で「はやぶさ」帰還の生中継を見ようと頑張っていたのですが、時すでに遅し、ニコ生に入れませんでした…完全に出遅れた。

しかし。
「はやぶさ」は無事に還ってきました。大気圏突入の際にそれこそ星屑になってしまいましたが、実験結果の金属カプセルをしっかりと地上に落下させて。

最初に「はやぶさ」を打ち上げたニュースを見たときに、正直そんな小惑星なんつーちっこい目標に、辿り着けるものかね?と半信半疑だったのですが…すごかったよね。見事に到着したんだもんね。

果たして「イトカワ」の地表の砂がカプセル内に取り込めているかどうかは、これからの調査で判明すると思いますが。
トラブル続きなのは当然なくらいの航行ではあったし、行って還ってくるだけでも、たいした偉業ですよ。宇宙規模からすれば、小惑星なんてそれこそ砂粒以下の小ささ。まさに砂漠でダイヤモンドを見つけるくらいのことです。

ネットの他の場所でも中継やってたけど…こういうことこそ、テレビで生中継して欲しかったよな〜。だってコレ、月に人が行って戻ったのと同じぐらいの話だよ?サイトに繋がらないっていうくらい、皆が関心を持ってた出来事だったのにね。ニコ生も20万人のアクセスだったっていうし。

カプセルはオーストラリアの平原に落ちて、すでに発見されました。これからそれを回収して、中を開けてみるのですね。

…楽しみだなあ。少しでも「イトカワ」の砂が入ってるといいですね。

ラベル:はやぶさ
posted by Mikkey at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。