2010年06月30日

称賛と反省

今日の未明に、夜遅くまで起きていた方、今頃眠気がピークになっているのではないでしょうか?
私は、つい15分ぐらい前が最高に眠かったです…。

2010年ワールドカップ南アフリカ大会、日本代表の戦いが幕を下ろしました。

昨日の日記を書いた後、寝る準備を済ませてからテレビの前に座りまして。
が、しかし。前半は、実は途中でうつらうつらしてました(笑)。
ハーフタイムで起き上がって目を覚まし、携帯でツイートしてるサイトに繋ごうとしたら、ツイッターが激混みであまり読めないまま後半に突入。
後半終了10分前頃に、出かけていた家族が戻ってきたので延長→PKと一緒に観ていた、という流れでした。
試合終了後、家族を再び送りだすのに家のドアを開けたら、どこの家もまだまだ煌々と明かりが点いてましたね〜。

パラグアイも日本も基本同じような戦法を取るチームなので、本当に昨日の試合は膠着状態でしたね。
今朝の報道にもあったように、リスクを冒してでも強引に突破したほうが良かったのかも…とは思いましたが、結局ボールの支配率は相手のほうが上回っていたわけで、それも単純に上手くはいかなかったでしょう。
急造戦法だった割には連携が非常に良かったW杯での代表チームでしたが、昨日の試合でもそれは実感できましたね。堅い守りからカウンターに転じた後、シュートまでしっかり持っていけるというのは、今までの代表チームにはあまり見られなかったところです。そういう意味でイライラすることはありませんでした。ただ、どうしても単調な試合っぷりだったので、眠くはなったけど(笑)。

が、それでも。
サッカーというのは、得点が入らなければ勝敗が決しないわけで。
チャンスはあったけど、惜しかった。
個人的には、憲剛を入れるタイミングがもう少し早ければなと思ってました。
連携は良かったんだけど、憲剛が効果的に動き出した延長戦前半には、すでに他の選手たちが体力消耗してついていけなくなってたから。
もう5分、早かったらな、と…。
そして、なぜ玉田?そこはやっぱ森本だろうよ…!(って、前にもこんな文章を書いたような)

何年も言われてますがやはり、そこにひとつ押し込む力が課題でしょうね。
つっても、これで監督が代わり選手の顔触れも多少変わるわけで、この急造戦法のまま行けるわけがないから、また新しく方向性を見つけなければならないんでしょうが…。

PKについては、あれは実力もあるけどやはり時の運もあるからね…。
本来ならば、PKの前120分のうちに点を取らなければならなかったんだから。
失敗した駒野は責められないよ。ってか、それがトラウマにならないように…!それだけが気にかかってます。Jリーグがあるんだし!

延長戦に入ったときは、なぜか子供の頃にテレビで見ていた「キャプテン翼」の延長戦シーンを思い出していました(笑)。なぜ?!
延長戦、という言葉がキーポイントだったんですかねー?翼くんの声で「僕たちは負けるわけにはいかない!延長戦も頑張ろう!」と空耳が聞こえてきたような…相当寝ボケていたのかもしれない…。

ま、私がテレビで翼くんを見ていた時代、まさか大人になったら夜中に日本が出てるW杯のために夜更かしするなんて想像もできなかったので、それを実現してくれたサッカー選手たちは凄いな、と改めて思います。
未だにアンケートで「日本代表にいて欲しい選手は日向小次郎」なんて答えが出るのはどーかと思うんだけど(笑)。

あと、試合終了後しみじみ感じたのは…2006年の悪夢が、これで完全に払拭されたな、ということでした。個人的にね。

選手たちは、明日帰国の途に着くそうです。まずはゆっくり休んで、次にそれぞれのチームでまた頑張っていって欲しいですね。今後海外に出る選手も何人か出てくるだろうし、しばらくは身辺がざわつきがちでしょうが…。

そして、W杯はまだまだ続きます。再来週の日曜日、黄金のトロフィーは果たしてどの国の手に渡るのか?
まだまだ眠れない夜は続きそうですね。




しかし、昨日の放送もアナウンサーと解説者が煩かったなー!(怒)

なんかもうね。スポーツの国際大会に民放のキーステーションがしゃしゃり出てくるのって、本当に辞めて欲しいと思う。
野球・サッカー・フィギュアスケートはすべて禁止!バレーボールファンも、そう思うかしら?
ゴルフなんかは、全米や全英でもわけのわからないタレントや解説者はやってこないのにね。どうして?!差別じゃん!

今はCSなんかでスポーツ専門局があるんだから、そういうところで放送すればいいじゃない。わけのわからないタレントのゲストとかいらないから!
あとアレ、試合前後の家族の出演も禁止してほしい。根本的に選手の家族とか地元なんて興味ないし。今朝、駒野のお母さんにインタビューして放送しちゃうなんて、どういう無神経?信じられない。

それに実況の最中も「選手たちは苦しいでしょう!しかし頑張ってほしい!」とかそういう言い方、辞めて欲しいの。気持ち悪い、この表現。試合に出て戦ってる真っ只中なんだから、苦しいのも頑張るのも当たり前じゃん。別に客が言うことじゃないじゃん。
終わった後の「感動をありがとう!」もね…感動は押しつけられるものじゃなくて、自らするもの。別にテレビ局先導で感動するわけじゃない。

昨日放送していたTBSは、確か民放で最後までJリーグを放送してたと思うんだけど、視聴率の関係であっさりと放送を打ち切ったクセして、こういうときばっか数字が見込めるからって放送するの、勝手だよね。大人の事情が絡んでるのは重々承知で言うけどさ。野球とかもそう。

だから別に肩を持つわけじゃないんだけど、NHKでやってるときはどうしてもNHKを観てしまうんだよね。少なくとも(実況中は)落ち着いてるし。普段サッカー中継しているだけのことはあって、手慣れた感はあるし。
オランダ戦のときも、テレ朝の視聴率が思ったより高くなかったというのを、「CMが入りません」と言ったNHKの女子アナのせいにしてたけど…あの日、私も最初はテレ朝で観てたけど、スタジオと実況と解説があまりにもうっとうしくて我慢できなくて、結局NHKに代えてしまいました。そういう人は意外にたくさんいるんじゃないのかなー?昨日はTBS一局だったから、仕方なしにTBSを観てたけど。

実はしばらく前まで、国際試合は観たくても観られなかった時期がありました。あまりにもテレビの放送がうっとおしくて。
サッカー離れの要因のひとつに、これは絶対あると思うよ…。

好きな人は好きな人で、たとえ映像じゃなくても新聞やネットでスポーツニュースはチェックしてるものなんだから、そういう人を大切にしてください、と切に願います。専門局がこういう場面で(放映権の兼ね合いで)負けちゃうのって悔しいよなあ。

ま、こんなところに書かないで、テレビ局に直にご意見ご要望すればいいのかもしれないけどね。でも実はこういうのって、テレビ局先導ではなくて、黒幕は広告の電…(略)。
posted by Mikkey at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。