2006年05月15日

代表選出

サッカーというカテゴリーを作るのがおこがましいほど、サッカー話を書いていない今日この頃ですが(恥)。

本日、ドイツW杯に出場する日本代表23人が選出されました。
今この時間(22時)ニュースをご覧になってらっしゃる方も多いかと思います。

昨日友人と昼間つらつらと喋っていて、日韓共催からもう4年か〜とか、フランスからもう8年か〜とか、ドーハからもう(略)などと話していたのですが。

明日W杯の選手が選ばれるというこの時期になっても、微妙に前回や前々回ほど、盛り上がりが見られないんですよね。ま、私個人の周囲だけですが。

で、未だにドーハのころの代表が最強に見えるとか(年寄りの繰言・笑)、そんなような話をしていたのですが、フランスW杯が終わったとき、空港で選手に物を投げつけた事件の話が出て、果たして今、そこまでW杯に対して熱くなったりするのか?と疑問が湧いたんですね。

もちろん物を投げるなどという行為自体は言語道断ですが、あの頃日本中がW杯という狂気の渦にいたような気が、今になってするんですね。何をあんなに必死だったのか、と(苦笑)。

その前がアレの上での初出場だから、そりゃ無理も無いわ…と思いつつも、どうも「なんだったんだろう?」という気がする。

その辺りを話しながらいろいろと考えていたのですが…ドーハを乗り越えフランスで初出場をし、その4年後に自国開催と、今まではW杯というイベントにオプションがついていたんですね。オプションのせいで渦が大きくなった。それまで日本人にはあまり馴染みのないスポーツであったサッカーで、そこまで盛り上がったのは、このオプションのせいでもあるかと思います。

だから、今度こそ。三度目の正直ってわけでもないですが、今度が真の意味でW杯を戦う大会になるでしょう。予選を勝ち抜き、他国へ試合に行き、3回目の出場ということで、初めて何のオプションもつかないW杯になる。

真価が問われるのはこの大会かな、と思います。

というわけで、選ばれた23人には全力の限りで戦って、W杯を味わってきて欲しいですね。今、ニュースでヒデが言ってたけど、「感情を表すのが下手」というのは、確かにそうかも。そのせいで年寄りは「ドーハのほうが」と思うのかも(苦笑)。あのころの選手は、感情あらわに試合してましたからね。今の若い人たちにも、そこまでの姿を見せて欲しいですね。

今回の代表選出は、サプライズといえばサプライズもありましたが、ともあれ順当な選出でしょう。発表後ニュースを見ながら思ったんですが、そろそろ野球のオールスターのように、名前の後ろに(数字)を出して欲しい…4年前に出たのはとか8年前に出たのはと考えてたのに、途中でわけわからなくなりました…そういう年寄りのために(苦笑)。

そろそろそういう数字が必要になったきたほど、日本サッカーの歴史も積み上がってきたということです。ドイツW杯が、またひとつ歴史の積み重ねになりますように。
posted by Mikkey at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17859279
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。