2006年05月31日

運命の非情

今朝、日本代表チームはドイツと試合を行いまして、2対2の引き分けという結果が、今日のスポーツニュースを賑わしております。

そりゃタカの2発というのはめでたいことではありますが、だからといって今更タカの経歴を延々放送するのではなく、その後2点取られた守備陣の深刻さを考えたほうがいいんじゃないかと。

それはともかく、高原選手も4年前、病気で代表落ちの経験をしておりますが。

ドイツ戦のニュースの陰でひっそりと、田中誠選手がケガのため代表を交代することになり、代わりに茂庭選手が召集という知らせが。

…マコー!(号泣)

アトランタの同僚が集うW杯に、やっと頑張って召集されたのに、ケガとは…!
レギュラー定着はわからなかったけど、ドイツのピッチにマコが立つ姿を楽しみにしてたのに…。

スポーツとは、時にかくも非情なもの。その逆に最大の幸福をもたらすものでもあり、見る者はそれに魅了されるわけであります。

W杯はもう、すぐそこまで来ていますね。

posted by Mikkey at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。