2006年06月13日

前を向いて

朝のテレビ番組で、スポーツ新聞や普通の新聞のスポーツ欄を見て、少々なんだかな〜、という気持ちになりました。

ちなみにウチで取っている新聞には「苦杯」と書いてありましたが、なんつーか、正直に「惨敗」って書こうや…という気持ちです。

「勝つしかない」っていうのもね…そんな当たり前のことを。
「悪夢」っていうのも…あれはトータルで見て、必然的に起こってしまったことなのでは、と。「まさか」でもなんでもないか、と…一発勝負のような大会で、ランキングなんてアテになんないし。

昨晩のサッカー観戦のために、今日は寝不足でいらっしゃる方も多いかと思います。私もそうです(苦笑)。

まあ、様々な意見があるかとは思いますが、とりあえず、

(2枚目の交代が)「小野かよ!」
(3枚目の交代が)「遅っせえよ!」

というところに、凝縮されるんじゃないでしょうか?2枚目は選手自体がどうこうというつもりはないけれど、あまりにもあまりにもな…3枚目はロスタイム3分で何をどうしろと。ウルト●マンじゃあるまいし。

1点目の失点をしたとき、「なんかさ〜、これきっと、後半44分とかで2点目入れられるんだよ〜」と発言したら、ホントにそのとおりになってしまいました…(凹)そんなシナリオいらない。でもあの状況では、後半44分で逆転なんて口が裂けても言えなかった…。

それにしても、負け方が悪すぎますね。初出場のフランス大会のときですら、ここまでの負け方はしなかった。負けるにしたって、前向きに負けて欲しかった。どっちにしろ、初戦を落とすというのは大ダメージに違いはないけど。

日本の得点は、あれは個人的に神様が俊輔にくれたお祝い弾だと思っているのですが(苦笑)、トータルで見てシュート数がこんなに少ないってのは、なんなんでしょう?「決定力不足」という言葉もいったい何年前から言われているのかもう覚えていないくらいですが、日本のFWには「ペナルティエリア」という概念がないんじゃないの?という気持ちでしたね(苦笑)。枠に入る入らないはともかく、打たなきゃ入るわけがないんだから…今大会の試合は、使用しているボールのせいもあるかもしれませんが、やたらミドルが目に付くので、余計にそう感じてしまいました。
こんなだから、ドーハ時代のFWが懐かしくなっちゃうんだよ…。

大会前、個人的な感触としては非常にネガティブな予想をしていましたが、その予想をも上回ってしまったことに、落胆というよりも驚きでした。

と、いうことで…次戦。
何はともあれ、昨日の試合の反省点を生かして、前向きにいってほしいと願っています。

前を向かなきゃ、シュートは打てないんだからさ…。






posted by Mikkey at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19207703
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。