2006年06月19日

前を向いても…

ダメかな…(凹)。

さて、昨日のW杯、クロアチア戦。
例によって「まだ希望がある」とか「首の皮一枚繋がってる」とか、いろいろ言われておりますが。
ちなみに、ウチで読んでる新聞には「痛いドロー」って書いてありましたが。

正直にリーグ戦突破は「絶望」って書こうよ…。
もー、なんで歯に衣着せるかなー。スポーツ新聞なんて、普段野球のペナントレースなんかのときは、割と辛辣に書くのにね。なーんで代表のときは甘い書き方するかなー。

昨日の試合は…差し当たり見ている最中に「今頃クロアチアでも『ボケ』『アホ』とか怒鳴ってる人がいるんだろうなあ…」と思いました(苦笑)。おそらくクロアチアの方が「なんで点が取れないんだ!」と考えてたんじゃないかと思います。
日本はね…まあなんというか…なぜGKにパスするFWがいるかな、とか…左サイドが!とか…今更言ってもしょうがないよな〜、という気持ち。
こんなとき、ウチは元静岡県民なので、つい静岡出身のベテランがここにいたら…!とグチってしまうのですが(苦笑)、考えてみたらこの時代になっても「あの人がいたら…」と思われてしまうチームの方に問題があるわけで。「この人がいるんだから大丈夫!」って人が…いないよね…ホント、今更言ってもね…。

解説している人や、Jリーグの選手で解説に駆り出されている人に、副音声で本音を語って頂きたいと思いました。万人向けにではなく(苦笑)。どんな感想が聞けるやら…。

ところで、とりあえず炎天下の中で試合というのは、あっちにもこっちにも良くないですね。やっぱり、涼しい時間帯に試合をやったほうがいいと思う。これにもいろいろ、大人の事情が絡んでいるようですが。

さて、ともあれリーグ戦もあと1試合。先程ニュースで、次の対戦相手が揺り籠パフォーマンスをやっているのを見て、つい和んでしまいましたが(笑)、泣いても笑ってもこれまでですから。後悔だけはしない試合にして欲しいと思います。
posted by Mikkey at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19518238
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。