2006年06月23日

すべてはここから

おはようございます。

…というわけで、日本のドイツW杯が終了しました。

ま、なんというか。10分間の夢を見させてくれたあのシュートには、とりあえず感謝、と。「スミ1」って感じですが(って言わないか・苦笑)。

真夜中にごそごそと起き出して見ていたわけですが、やっぱりブラジルはすごいですね。改めて言うまでもないって感じだけど。今日の試合は、正直ブラジルのプレイに注目していたので、いざ目にしてみるとやはり圧巻でしたね。多少今までの試合よりも、肩の力が抜けていたところはあったようですが、あれでロナウドが本調子だったら、とんでもないスコアになってたような…ハットトリックなるかと思ったもんなー。

対して日本。
今回のW杯、すべてはオーストラリア戦の選手交代から始まったと思います。あの選択がその後の勝敗を左右したのは、間違いないでしょう。個々人の能力云々は置いておいて、4年に1度の大会に宿る運命の方向性、それが作用した結果、こうなった。

今の代表チーム、4年前に始動して出来上がっていったはずですが、最後の最後、この期に及んでまで、どうも掴みどころのないチームだった気がします。どこがどう抜きん出ているのか、どこがどう欠点なのか、どうもよくわからなかった。アピールポイントが個々人にもなかったし、チーム全体にもなかった。個性がないと言ってしまえばそれまでですが。

その「掴みどころのなさ」が、W杯でモロに出てしまったように思えます。選手自身にも、微妙に迷いがあったような気がするんですけどね。

そういった意味で、マスコミの報道のように「進化している」とはどうしても思えませんでした。

日本の土壌で、エースストライカーが生まれづらいことについて、いろいろと物議が醸し出されていますが、FWに限ったことではなく、個々人で具体的なアピールポイントを作っていくこと、それを育てるにはどうしたらいいかを考えていく必要が、これからはあるかと思います。サッカーというスポーツには、やはりタレント性(本来の意味での)が必要ですから。

この代表チーム、中盤が海外に行った選手だったということで「黄金の中盤」と呼ばれた時期もありましたが(一応今もか)、闇雲に海外に行けばいいと言うものでもなく。海外に行って試合に出られないよりは、やっぱりJリーグで多くの試合に出られたほうがいいと思うので、そういう観点からJ2の選手をさっぱり排除してしまった今回の代表構成には、個人的には多少の疑問があります。多くの試合に出ることで、選手が自分の道を決める選択肢が増えることは間違いないでしょう。無茶な日程はともかくとして(苦笑)。そのため、Jのチームの中で人事異動が頻繁に行われてしまい、Jリーグとは何ぞや?と思ったこともありました。日本の場合、今現在の選手の実力として、正直なところ海外に行ってもどうなの?というところがあると思うので、やはりJを基礎に作っていかなければ先は見えなくなるような気がする。

逆に指導者の側も、やはり多くの試合をこなして経験を積んだほうがいいと思いますしね。選手として試合をするのと、指導者として試合をするのでは、天と地ほどの差があるでしょう。

そして、サポーターも選手を甘やかすのはよくない、と(苦笑)。
負け試合で「ありがとう」と言っている場合ではなく、時には厳しいことも言わなくちゃ…(ま、これはマスコミ報道かな、どちらかというと)。

何はともあれ、よくどのスポーツでも言われることですが、今の試合が終わったこの瞬間、次のW杯に向けての戦いがスタートしたのです。これから4年後の南アフリカで、果たして日本のサッカーがどうなっているのか、また新しい心持ちで見守っていきたいと思っています。



ところで、テレビを見た限りなのでよくわからないんですが…。
試合が終わった後、ヒデがピッチから起き上がれなかったですよね。
そのときに、スタッフはヒデの元へ来てましたが、選手っていましたっけ?

…大人の事情でヒデの元へ来られなかったならともかくとして、そうでなかったら…。

それが、今の代表チームということなんでしょうか…?

あくまでも、テレビで見た限りです。これからのネットや新聞の記事なんかで、その辺りのことわかるのかな…?
posted by Mikkey at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19699256
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。