2011年08月21日

夏は過ぎゆく

約ひと月ぶりの更新です。

前回の日記から猛暑が続いていた東京地方ですが、一昨日の豪雨を境にすっかり秋の様相を呈しているこの週末。

暑い夏も夏らしくて良いのですが、家でいろいろ動くには、やはり涼しいほうがありがたいです。
まあ、暑い夏といっても、最近は限度越えてますからね。熱帯でもこれほど暑くないんじゃないか?とふと考えてしまうほどの、気温の上昇っぷり。

今年はいろいろあって夏休みも遠出はせず、これまでの疲れを癒そうと家でゴロゴロしていた日のほうが多かったのですが、家でゴロゴロしているほうが暑かった。
節電の夏なので、なるべく昼間はエアコンを使わないようにしていたので、よくこれほど汗をかくというくらい、汗をかいて過ごしました。元々私は汗かきさんなので、かなり絞ったと思います。でも痩せない(そりゃそうだ)。

自主的に節電をするのは構わないのですが、テレビであれこれ言われるとうっとうしいですね。いろんな場所の節電を紹介するのはいいんだけど、じゃあオマエはどうなんだ、と(笑)。つまらないどっかのドラマやバラエティや通販番組を流すくらいだったら、その間電波を止めたほうがいいんじゃないか、と本気で思った夏でした。

あと、東京は湾岸のビルを5〜6個潰せば、ずいぶん風通しも良くなるし、節電になると思います。
ゆりかもめに乗るといつも思うけど、あれは都市計画の完全な失敗だよね。歯止めが効くうちに塞ぐのをやめたほうがいいと思う。

ところで今年の夏は、我が家では日々朝顔を愛でて暮らしておりました。

こんな。
朝顔1.JPG

朝顔2.JPG

最初は自分で植えて育てようと考えていたのですが、考えたころにはすでに7月も真ん中辺に来ておりまして(遅)。
あきらめていたところに、臨家の方が帰省するというので、それではとお嬢さんが学校で育てた朝顔の面倒を、帰省の間みさせていただくことにしたのでした。
そんなわけで、毎朝起きて朝顔の写真を撮るのが日課に。

隣家の方は外国の方なので、帰省も1か月の長期です。友人に話をしたら皆口を揃えて「朝顔の観察日記はどうするの??」と疑問を出したのですが、今はそんな宿題もなかなかできない時代なんでしょうね。私が子供の頃は花壇の当番があって、夏休みでもちょこちょこ学校に行ってたものですが、それも難しいですよね。外国まで帰省するなら、お盆休みで2〜3日、というわけにはいかないだろうし、そういう子供も増えているかもしれないし。

この話から、子供の頃の夏休みの話で友人とは盛り上がりました。東京っ子と地方っ子の夏休みは(昔の話だけど)格差がとんでもなく大きかったということに、改めて気がついた夏です。
ま、あたしら都会の人が帰省してくるところに住んでたからね、と、同じく地方出身の友人とうなずき合ったお茶の時間でした。

もう1回ぐらい、残暑のぶり返しがあるのかな。
夕方、日が落ちるのが早くなってくるのが妙に切ない、今日この頃です。
posted by Mikkey at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。