2006年08月30日

ゲームメーカー

なんとな〜くボカして書いてはきましたが、私は元ジュビロ・現セレッソにレンタル移籍中の名波選手のファンです。

…というと、今世紀初めごろ(笑)の女性ファンの過熱っぷりを思い出させるようで、なんとなくアレだったんですが(苦笑)。

ま、なんというか、とりあえずそれ以前からのファンではありました。地元贔屓っていうところもありましたので…。

そんなこんなで今は、Jリーグ速報で2チームの勝敗をチェックすることに。といっても、今シーズンのジュビロよりも断然試合に出る確率が高いので、どうしてもセレッソの試合の映像に重点が行ってしまいます(苦笑)。

で、今日も先程ニュースを見ていたのですが。

スポーツ選手は試合に出てなんぼだよなあ…と思いつつ、改めてやはり、私にとって「ゲームメーカー」と言えるのは、未だにこの人だけだなあ、と感じ入りました。

なんだろ、しばらく前までの代表は「黄金の中盤」とか言いつつも、結局「ゲームメイク」はしてなかったと思うんですよね。MFにもそれぞれの個性があって役割があるのはいいんだけど、基本としてはゲームを形作ってFWにボールを回し、シュートを入れてもらうのがお仕事のはず。FWの不甲斐無さばかり語られていましたが、そういう意味ではMFもあまり仕事はしてなかったんだと思います。

別に名波さんのようなタイプを揃えようよということではないのですが(性格上の問題もあるし)、もちょっとMFというポジションの真の意味を考えてもいいんじゃないかな〜、と思ったんですね。現在の日本人のサッカー選手にMFが多い以上、そういう視点から育てていくのもいいかもしれない、と。

や、だってさ…ジュビロであんまり出られなかったのは、若手を中心ということもあるけど、やっぱり衰えが…と思ってたんだけど…今日の試合見てたら、別にそんなこともないじゃないとホッとして…左足はちゃんと輝いてるな、と…。

よ、よかったよ…!




ラベル:名波浩
posted by Mikkey at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。