2006年10月31日

復活

今さら書くのもアレですが、安藤美姫ちゃん。

優勝おめでとう〜!

今回演技を拝見して思ったのですが、やはり振付や音楽や衣装の選び方は大きいな…と。トリノのときの美姫ちゃんは、確かにご本人も不調ではあったでしょうが、それにしてもあの衣装とかはないだろうと正直思っていました。あの時期の美姫ちゃんの良さを引き出すのに、もっと違う方法があったのではないか、と。

新しいプログラムは、その点美姫ちゃんの良さを目一杯引き出していたような気がします。ご本人としてもきっと、納得のできるものを創り上げられたんじゃないのかな〜?もう瞳のきらめきがぜんぜん違いましたものね。

フィギュアスケートというスポーツは、スポーツであるにも関わらず芸術性が求められます。まあ、体操や新体操もある程度そういうことはありますが、フィギュアはまた特殊というか何と言うか。数年前の騒動を経て今の採点方法になり、その結果の演技ということで、いろいろと物議を醸し出しておりますが…それを言ったらこれを採点競技にするのが無理があるという、究極の議論まで突き詰めていってしまうことになるのですが…。

見ている一観客としては、無責任に(笑)綺麗なものは綺麗だし、見事な演技は見事だし、と思ってしまうのであります。

GPシリーズはまだまだ続きますね。今回不調だった真央ちゃんも、そして他の日本人の選手たちも、ぜひ力を出し切った素晴らしい演技を見せてほしいと思います。

…と一観客としては無責任に(再)そう思うのでありました(笑)。
posted by Mikkey at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。