2007年01月03日

「大奥」

今日はレディースデーということもあり、近所の映画館に「大奥」を見に行ってまいりました。

映画の予告も見ていましたが、予想たがわぬ豪華絢爛な俳優陣と衣装でした。ここしばらく日本映画でここまでお金かけた映画はないだろうと思うくらい(笑)、すごかったですね。

ストーリーといえば、史実に実際あった「絵島・生島事件」を元に繰り広げられます。なんというか。

「お堅い学級委員に悪戯心でちょっかい出した不良が、逆に捕まっちゃってあらどうしましょう?」

…みたいな(笑)。

まあ、そこに大奥の女たちが絡んでくるわけです。

自分的に意外だったのは、月光院と間部越前があらまあそんなことに、というのと、月光院の弱弱しさ…かな。とにかく月光院のキャラ造詣がイメージと違っていて、ちょっと驚きました。ひいては絵島のキャラ造詣も同じで、なるほどそういう感じに純愛に持っていくわけですか、となかなかに感心しました。こういう角度からの見方もあるかな、という感じですね。絵島って、もっと不良っぽい(笑)女を想像していたので、その辺が意外。

「純愛」ということで、うっかり最後の方は涙しそうになってしまいました(単純・笑)。

女たちはともかく、それに相対する男たちが少々弱かったですかね…でもまあ、しょうがないかなという気もします(笑)。あの女たち相手では…特に宮路…(笑)。ある意味、彼女がいちばん難しかったのでは、と思います。

しかし、この辺りの話を見ていると、つくづく甲府宰相綱豊(6代将軍家宣)が長生きしなかったのが、不幸の始まりですね(笑)。もうちょっと早く将軍になってたりとか、もうちょっと長生きしていたりとかしてれば…とか、つい思います。歴史に「もし」はないのですが。

これだけの権勢を誇り、競い合った大奥の女たち、またそれを囲む男たちも、これから2年後の将軍逝去で暴れん坊将軍(笑)の時代が来ると、歴史の表舞台から姿を消していくわけです。諸行無常とは、まさにこんな感じですね。

ま、テーマは「大奥」なんで、そこまで考えなくてもいいんですが(笑)。

今回のこの映画、町方の風景が数多く映し出されますが、それが良かったですね。現代で言うバブル崩壊、町人文化の最後の徒花を見事に描いていたと思います。

ところで、個人的にひとつ。このキャスティングで構わないので、間部越前が能役者から伸し上がっていくドラマとか、見てみたいんですけど(笑)。意外にそういう主題のドラマってないですよね?つーか、そんなところが見たいのは私ぐらいですか、きっと…(苦笑)。




そういえば、今更言うのもアレですが。

ひとつ気になった点といえば、木挽町の劇場が火事になる場面。
あんなに勢い良く燃えてしまっていたら、江戸の町は大騒ぎで祭りどころじゃないはず(笑)。当然、船の上で逢引なんて不可能ですよ…(苦笑)。
「吉原炎上」じゃないんだから、ちょっと燃やしすぎかと(笑)。
タグ:大奥
posted by Mikkey at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30777485
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。