2007年03月26日

女王の座

一昨日のフィギュアスケートの女子フリー、なんだかとんでもない視聴率だったようですが、ご他聞に漏れず、私もしっかり観戦していました。

結果、安藤美姫ちゃんが女王の座に輝いたわけですが、ホントに彼女は1年前とは別人のようですね。つらく苦しかった1年を乗り越えて、一回り大きくなった…って陳腐な言い方だけど(笑)。でも、正に10代の成長っぷりをみせてくれました。

対する真央ちゃんは、今年はやはり試練の年でしたね。といっても、これだけの成績を残すんだからスゴイ。並じゃないよなあ…。

他の女の子たちも、今の自分を精一杯見せてくれたということで、こちらはとっても楽しめました。

それにしても…。
やはりけっこう評判良くなかったようですが、こういうスポーツ中継にタレント持ってくるの、いい加減にやめようよ(笑)。別に見てるほうは、そんなの目当てに見てるわけじゃないのにね。荒川さんが「この若さで」っていうのはいいんだけど(経験者だから)、タレントが「こんなに若いのに」っていうのはどーだかなー。だって、現実問題(体力とか持久力とかで)若くないと、この大会に出られないんだから、若いのは当たり前じゃん。そのために彼女たち(若しくは彼ら)は小さいころから頑張ってるんだから、あんまり「若い」ってのは誉め言葉にもなんにもならないと思うんだけどね…。

と、くだらないことを考えてしまったりするので、やっぱりタレントは出さないほうがいいのでは、と…(別に彼らが嫌いなわけじゃないんだけど(むしろスキ・笑)、こういう場には出てきて欲しくないんだよね〜)。
posted by Mikkey at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36936968
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。