2005年08月15日

戦後60年

朝、家族と話をしていて、今更ながらに不思議だったのですが。

私の親族には、戦争に行った人がいませんでした。
祖父たちは動員はされましたが、年齢などの関係で徴兵はされなかった。
遠い親族まで思い浮かべても、兵隊になった人はいないらしいです。

そして、内地で空襲に巻き込まれて犠牲になった人も、いませんでした。
空襲で逃げ回ったことはもちろんあるそうですが、幸いなことに亡くなったりはしなかった。

どうやら世代的・地域的なことで、あの時代を生き延びることができたようです。
「戦争の犠牲」になったのは、私の曽祖父が日露戦争で亡くなったらしい、という…百年も前のことですね。

まあ、だからといって、私がまったく戦争の話を聞いたことがないわけじゃありません。
祖父や祖母からは、関東大震災の話とともに、空襲の話を聞いたことがあります。
どちらかというと、戦後の食糧難の話のほうが多かったように思います。

小さいころにそんな話を聞いていたころは、もちろん実感なんて湧きませんでした。
戦争といえば、百科事典の「歴史」の本に載っている、というくらいのものです。
恐ろしい挿絵や写真が載っているこの時代を、祖父や祖母が生きていたということすら信じられなかったものです。

それが、急に「確かにあった」時代だと感じたのは、テレビでとある映像を見たときでした。

ぎらぎらする日差しの午後。立っているだけで汗が流れてくるような雰囲気が、映像から伝わってきました。車のエンジンの音しかしない静かな中に、響き渡るセミの声。しかし、沿道に並ぶ兵隊は、じっと一点を見つめ、微動だにせず立ち尽くしていました。

最近になってアメリカで発掘された、と紹介されていたその映像は、日本が無条件降伏をしたその直後、占領軍がやってきたときに、米兵が撮影したカラー映像でした。

それまで、戦争中の映像や写真はもちろん見たことがありましたが、カラーの動画はそのときに初めて見たんだと思います。今の時代と変わることのない暑そうな夏の光は、昭和20年の夏が、すとんと私の中に落ちてきたように思えました。

以前のブログにも書きましたが、写真や映像の持つ力というのは、凄いものがあります。
撮影者の目の前で繰り広げられた現実が、そこには映し出されているからです。

歴史教育の問題がいろいろと取りざたされていますが、教科書の一文よりも、これらのものは遥かにその意味を伝えてくれるでしょう。
そして、実際に体験した人の話をも、よりリアルに感じさせてくれるでしょう。

今、外ではセミが元気よく鳴いています。
この暑い夏の平和な午後がいつまでも続くよう、鎮魂の祈りを込めて。

posted by Mikkey at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5916524
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。