2005年08月20日

晩夏

今日決勝戦だった、甲子園。
駒大苫小牧が、なんと57年ぶりの大会2連覇を果たして、終了しました。

57年ぶりって、すごいなあ…!新聞記事を読んで知りましたが、前年度優勝校が翌年の大会に戻ってくる確率も、実はかなり低いんだそうですね。改めて、甲子園への道程は険しい…。

今回の大会は、いろいろと考えさせられることが多かったですね。
個人的な考えでは、やっぱり地元の学校には地元の選手が集まって欲しいと思います。結局のところ、甲子園への近道というのは存在しないと思うし。
ただ例えば、大阪の予選では8試合を勝ち抜かないと甲子園出場がならないそうで。そういった地域格差というのは、やはり問題があるのではないでしょうか?
今、48都道府県プラス東京都と北海道の分で、50校での戦いになってるんでしたっけ?これを、60校ぐらいに増やしても、別にいいんじゃないのかなあ…?と思います。まあ、費用とか現実的な問題は、必ず浮上してしまうでしょうが。

それにしても、この大会は、良い試合が多かったですね。見ごたえのある大会だったように思います。毎日楽しませてもらいました。ありがとう。
昔はひとりのエースが投げ切ることが多かったですが、今大会はふたりのピッチャーを確保しているチームが増えたようですね。長い夏の間の負担を考えると、良い傾向でしょう。見ているこちらも、バラエティに富んだタイプのピッチャーが見られて嬉しい。

高校野球が終わると、いつの間にか夜には草むらで虫が鳴き出し、空が高くなって西日が深く差し込むようになってきます。最近、日暮らしが鳴かなくなったけど…(都会では、日暮らしが減っているらしいとのこと)。

夏もそろそろ終わりですね。
posted by Mikkey at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6080295
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。