2005年09月27日

がんばれ自分

昨日、アメリカのペンパルから「3人目の子供を出産した」と報告の手紙がきました。

ペンパル…っていうのも、何か懐かしい響きですね(笑)。ネットでいろいろ調べていたときに、海外文通のサイトではまだこの言葉を使っていたのを見て、なんだかホッとしました。てゆーか海外文通。今ではもう、ほぼ百%メールになってるのかと思ってた。まだやってるところではやってるんですね。

ちなみに、私がペンパルといまだに手紙でやりとりしているのは、最初に会ったときには手紙しか手段がなかった時代であったので、それがなんとなくそのままになってるからです(苦笑)。メールアドレスはお互い知らないわけじゃないんですが。同時多発テロのときには時事性を鑑みてメールを出してみたらすぐ返事が来たりしましたしね。でも、結局メールを使ったのは、そのときだけだな…。

ま、私がメールを出さないのは、すぐに返事をもらっても、そのまた返信が素早くできないからです。だって英語だよ…!(当然)

学生という身分をリタイヤしてから、早幾星霜。学生のときだってすらすら英文が書けたわけじゃないのに、今や年に二回(夏と冬)の時候の挨拶が精一杯です。

だいたい、書くネタがないんですよね(それを言ったらおしまい)。学生のころは「海外文通の手引き」の類の本に「部活はなんですか?」とか「テストはどうでしたか?」というような例文がしっかりあったので、それを四苦八苦してアレンジすれば済みましたが…。

大人向けってほとんどないんだよね、こういうの…(大人まで続かないことが多いから?)。

昨日もたかだか「出産おめでとう」の文章を確認するだけで、えらくいろんなサイトを巡ったような気がします。意外と辞書には載ってないんですよ、こういう決まり文句って。いろんな言い方があると思うんですが、バリエーションどころか単純な例文すら見つからない…せっかくだから、何か粋な言い回しはないものか?って一生懸命なのに…。

こんなとき、ネットの翻訳機能はあまり役に立ちません。かなりとんでもない文章が出てきたりする(笑)。とはいえ、それを参考に文章を組み立てたいときには、けっこう使っています。要は鵜呑みにしないことだ、と最近コツを覚えました。辞書機能は楽になりましたよねー。今さら新しい辞書など必要ないので、ありがたい。新しい言葉も増やしてくれるし。

ともかく、こういう場合や、あとクリスマスになると、ふとアメリカ現地のカード売り場を思い出します。日本では二つ折りのグリーティングカードは中身が真っ白なものが多いですが、向こうでは必ずと言っていいほど、何かそれについてのコメントがついています。それに種類も多いんですよ。日本ではあまり見かけない、父の日や母の日などのカードもある。それから宗教行事専用のカードとか。何かといえばカードを送る習慣の国なので、非常に凝ってるんですよね。

彼女と文通している間ずっと、何かの節目の際には、どこでも●アを使って、そのテのカードの中身をカンニングしたい…!と思っていました(現在進行形)。

考えてみたら、向こうの国のグリーティングメールサイトを見れば、たくさん事例があるんじゃなかろうか…?と、ふと思った。クリスマスのときに探してみよう。ああでも、もうすぐじゃん、クリスマス…!(英語を書くと思うと、三ヶ月なんてあっという間)

でもホントに、大人用の、ビジネスじゃない、ただのプライベート手紙の例文いっぱいサイトってないですかね…?できたら年代別時事別に様々なパターンがあると嬉しい…。

自分で作れよ、と突っ込まれそうですが…それができたらこんなに悩まなくてすむよ…!(笑)。
タグ:英語 文通
posted by Mikkey at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7400137
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。