2009年01月11日

里帰り1日目

というわけで、今日から静岡です。
里帰りっていうか、私の場合は生まれ故郷に帰るので…里帰りでいいのかな?
ま、そんな感じ(どんなだ)です。

静岡.JPG
駅前。
…そういやいつの間にか、まるちゃんも静岡市民になってしまったわけですね。

さて。
今回は所用のため、友人が同行していました。静岡に帰るのに、友人を連れて行ったのは、これが初めてです。

着いた日の遅い夕ご飯、私がおでんを食べたいとわめいたので、一緒にいた従姉がおでんも出す居酒屋に連れて行ってくれました。

そして、おでんが出てきたわけですが。

「…これがおでん?」
と、友人の初見のひとこと。

鍋に串刺しにされた肉やらこんにゃくやら入っている静岡おでん、噂には聞いていたようですが、彼女は見るのが初めてでした。

「そーだよ。ちなみにこれが、はんぺん」
と、黒はんぺんを指差す私。

「…これが?」
「うん」

ま、フツーははんぺんといったら、白くてふわふわしてる四角いアレですよね。しかし、静岡のはんぺんは黒くて半月形なのはご承知のとおり。

友人は生臭いものが苦手な人だったので、やばかったかな?と思ったのですが、おでんの具はよく煮詰めてあるので、とりあえず口に合ったようでよかったです。
普段自分が生臭いとか思ったことなかったから、考え付かなかったんですね。

友人がはんぺんで驚いた逆反応を、私は東京に引っ越してきたときにしましたよ。ホント、これがカルチャーショックというものです。

そして、宿である親戚の家で出してもらった、イチゴにいたく感動しておりました。値段と味ね(笑)。そりゃそうだよ、東京のイチゴの何分の1の値段だか…。

そんなふうにして、里帰り1日目は暮れていきました。

posted by Mikkey at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

寒中

今日は、北日本のほうでは、大変な大雪天気になっているそうで。

昨日、ごくわずかの雪が降るという天気予報が出ただけで、ガクガクブルブルしていた東京住民の私には、想像もつきません…生まれたところも、雪に縁のない土地柄だしなー。

でも、東京も寒いです。

成人の日がいつの間にやら3連休になって久しいですが、実はこの時期ってけっこう天候が荒れますよね。センター試験の辺りとか。
お正月は比較的良い天気なんだけど。

今でこそ会社に通うだけなので、天気が悪くなっても通勤が面倒だなあと思う程度で済みますが、考えてみたら試練の時期ですね。ガンバレ。

そんな連休ですが、ちょいと明日から里帰りです。ま、私の里ではなく、正確には母の里ですが(笑)。

東京よりはあったかいことを期待…!
posted by Mikkey at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

New Year

あけましておめでとうございます。

夕方飲み始めたら、酔っ払って寝てしまい、さっきやっとごそごそ起きた出して、お雑煮を頂いたところです。

ウィーンフィルのニューイヤーコンサートって、いつも最初から見ようと思って、忘れてるよなあ…。
今、やっと思い出して見ています。あちらは新年が明けたばかりですね。日本人ぽい姿が多いなあ…。

地球の自転と日付変更線の設定のためですが、世界の中で日本は新年が明けるのが早いほうですよね。こういうことを考え出すと、とりとめもなく不思議な気持ちになります。ま、特に今は酒が残ってるし(笑)。

こんなふうに、年頭の誓いはいったいどこへいった?という具合の元旦を過ごしています。いいの、元日だから!(一年の計は元旦にあり、という言葉はこの際置いておくことに)

ま、のんびり過ごせたということで、良しにしましょう。

今年も、健やかに和やかな一年でありますように…。
posted by Mikkey at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

チャレンジ

…というのが、来年の目標。

今時スポーツのスローガンにもないだろう、というシンプルな感じですが(笑)。

去年の日記を読み返してみたら、「引き締め」という目標が設定されてましたが…ダメダメだったな、今年は…。
緩やかに過ごしてしまいました。いや、緩めるところは緩めていいんだけど、どうも緩めっぱなしだったというか…。

なので「引き締め」も引き続きです。私の中では「引き締め」と「チャレンジ」は連動してるんだよね、一応。

もう少しストイックになりたい、今日この頃です。いろんな意味で。

それでも、個人的には今年もほぼ良い1年を過ごせました。楽しいこともたくさんあったし。

来たる新しい年も、同じように明るく笑って楽しく過ごせるといいな、と思います。

素敵なことが待っているといいな。

良いお年を!
posted by Mikkey at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

年の瀬

やっと今朝、年賀状を出してきましたよ、っと…。
毎年毎年、早くやろうと思ってはいるんだけどなあ…。

今年は年末の休みがやたらと長く、クリスマス直後の仕事収めってのもなんだかな?と思っていたのですが、いざ休みに入ると、あっという間に休みモードにスイッチが入りました(笑)。

早いうちにいろいろ済まそうと、冬休み初日は大掃除。と、友人と地元で忘年会。次の日はやはり友人と飲み会。3日目は買い物に出かけたのと銀行回り。今日は個人的な買い物と年末の買い出しに出かけていました。初日に掃除を済ませてしまったせいで、なんだか出かけてばっかりです。

なんだかんだでなかなかゆっくりは出来ず、久しぶりにパソコンを開いた今日の夜でした。

今年の年末は、ニュースでは不況不況とイヤってほど放送してますが、今日新宿駅でたまたま見えた成田エクスプレスのホームには、電車電車待ちの人だかりがものすごかったので、結局のところ関係ない人は関係がないようです。

非正規労働者のニュースに関して、私も派遣社員だったことがあるしリストラ食らったこともあるので、言いたいことは山のようにあるのですが…。

なんかね。派遣社員というシステムが悪であるかのように報道されてますが、それは違う。あれはあれで、多様な働き方を提供する場で、良いシステムだと思います。

しかしそういう利点がある反面、当然収入は落ちるわけです。

問題は、働き盛りの年代がそういう仕事にしか就けないということでしょう。

派遣法が改正されたときに、本当は法律よりも企業の考え方を変えるべきだったんです。
「やり直しが効く」社会にしてから、法律を改正しなきゃいけなかったんですね。

ただ、新しい人材を取る側も、選択が非常に難しいというのは、とてもよくわかりますが…(転職してから実感しました)。

そして個人的になんか微妙ー、と思ってしまうのが、このニュースを報道しているマスコミにも、とても多くの派遣社員がいるんですよね。特に不況ニュースが大好きな(必ずトップだよね)渋谷放送局には、いったい何社の派遣社員が入っていることか。

ま、そういうのが現実ってことです。

さて、今年もあと残すところ一日ですね。
明日は軽く掃除をしたら、少しゆっくりできるかなー?
posted by Mikkey at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

Happy Christmas!

07Christmas

If there were more days like Christmas, our world would be filled with the joy of song . . . the spirit of goodness, the colors of happiness, and the hope of believers everywhere.

A little wish that this season touches every coner of your world with love.

Be merry ,be bright,and enjoy a very happy Christmas season.
posted by Mikkey at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

いちご

静岡の親戚から、いちごが届きました〜。

「紅ほっぺ」という、静岡産の品種のいちご。平成14年生まれだそうです。

昔々その昔、私が静岡に住んでいた頃は、家の裏がいちごハウスでして。目の前で作っていたいちごを、季節には毎日もりもり食べていました。本当に朝取れたいちごです。

いちごは、当時住んでいた家の大家さんが作っていたのですが、いちごハウスの向こうには畑が広がり、キャベツやネギ、ほうれん草など、季節の野菜の取りたてを食べていました。
まかない付きの借家だったような感じですね(笑)。

行商の人もよくやってきて、桃やみかんも新鮮なものを食べていましたね。
そして、隣の家の人が山形の出身で、そこから送られてきた柿やさくらんぼなどを、頂いてよく食べていました。

そして、父がときどき釣りに行っていたので、鮎やニジマスなど川魚はやっぱりよく食べましたね。海魚だとキスとか。
あと、よく貰い物で食べていたのが、アンコウとか生シラス…。

…なんて贅沢な食生活だったんだろう!

スーパーでそれらのものを見るたびに、そう思います。
特にキスなんてさー…バケツ一杯をてんぷらにして食べていた頃が、夢のようですよ…。

こんなわけで、果物と魚関係には口が奢ってしまっている私。人間の味覚は9歳までに出来上がるといいますが、洗脳ばっちりです。証明してます。

産地直送とはいっても、やはり運んでくる間に多少傷んではしまいますが、それでもどこか味が違うんですよね。

届いた瞬間にたいらげなければならないのですが、それでも至福の瞬間です。

いちご、大好きー!

静岡いちご通信」てなサイトがあるんですね。ハイチュウ、食べてみたいなー。
posted by Mikkey at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

ネットマナー

マナーというのとは、ちょっと違うかなー。

私も某巨大掲示板はよく利用していますが、そのまま貼り付けるってのはないでしょーよ。

てゆーか、この演劇に関わるスレッドって、みんなこうなの?!
覚悟は(多少)してたけど、まさかねー。びっくりだ。

というわけで、記事を下げます。
復活させるかもしれないけど、当分は。

演劇や本の感想ブログは、私もよく巡回しますが、結局のところは個人の好みに100%左右されますからね。

そんなものです。
posted by Mikkey at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

明日から師走

いちょう.JPG

やっとイチョウが色んできましたね。
といっても、今日は東京地方、かなり暖かいですが。
夕方になったら、風が強くなってきたかな。
木の葉が舞い上がっています。

カレンダーの残りが、あと一枚になりました。
posted by Mikkey at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

三の酉

今日は、毎年恒例、酉の市に行ってきました。

三の酉まである年は火事が多い、なんてことを聞いたことがありますが、昔は三の酉まで来ると、空っ風が吹き荒ぶ真冬の気候になっていたのでしょうね。だから火の用心を言い聞かせていたのか、と。
ま、火の元に気をつけるのに越したことはありません。

昨今は空っ風どころか、軽い上着でも酉の市に行けるようになってしまってます。確か子供の頃は、完全防備も極まれり、耳あてからブーツまで着膨れてお祭りに行って、それでも底冷えするような気候だったような気がするんだけどなー。
毎年買っているお好み焼き屋さんのおじさんたちなんて、半袖でも汗拭ってますしね。昔はそれでも、ジャンパーを着込んで焼いてたと思うんだけど…。
酉の市に行くと、地球温暖化を実感する今日この頃です。

時代が変わると世相も変わるのか、酉の市に並ぶ屋台も、昔とはずいぶん変わったように思います。子供用のおもちゃを売るような店が減り、食べ物屋が激増したかな。その食べ物屋さんも、甘いものよりしょっぱい系が多いかも。
韓国料理やタイ料理の屋台が出てきたのも、世相が出てますね。

けれど、お参りをしている人々の姿は、変わることはありません。
そういう姿を見ると、この景気の悪いニュースが飛び交う年末だけど、どことはなしにホッとします。

買ってきた熊手が、良い事を集めてくれるといいなー。

posted by Mikkey at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

ゆるゆる

前回の日記からちょっと間が空いていたのは、目一杯な日々を送っていたせいもありますが、少々落ち着くまで待っていたというか(^^;)
こんな、ネットの底辺のようなブログでも、いろいろあるものですね。てゆーか、恐るべし…(自主規制)。

ま、それはともかく。

ここのところ休日に出かけてばっかりだったので、部屋の散らかり具合がMAXで、リミット越えてて(>_<)

この3連休は、布団干しや洗濯を始めとして、がーっと諸々片付けて、今日はのんびりとパソコンに向かっています。はー、やれやれ。

なにしろ、急に気温が下がってきたというのに、お布団がほぼ初秋仕様のままだったので、寒いったらありゃしない。
それもすべて冬仕様に変更。

タンスの中身など、まだ夏仕様のままだったりするものもあったので、それも全部入れ替え。

そして、窓際にバタバタしている間に買い物したものが順々にならべてあったので(笑)…ええ、紙袋が六つほど…。
すべてあるべきところに収め。

やっと、すっきりしました。

自分が出っぱなしなのが悪かったんですが、秋休みが三日ほど欲しい…と切実に思っていた、今日この頃。
気候の変動が激しい時期は大変ですね。家がもっと大きければいいのですが、狭い部屋なので片付けないことには居場所がない(笑)。

それにしても、バタバタしていたら、いつの間にか11月も下旬…早い、早すぎるー!

12月にはまた、小旅行に出たり(こんな時期ですが)、舞台に行ったりと出掛ける用事が多いので、なんとか年末までこの片付いた状態をキープしたいと…思ってはいるんだけど、どうだろう…。

が、がんばります。
posted by Mikkey at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

栄枯盛衰

今朝一番に流れた、アメリカ大統領選と同じ、またはそれ以上に大きかった、ニュースについて。

これまで、確かに噂は聞いたことがありました。新聞の芸能欄にも掲載されたりしてましたしね。

けれど、1年前ステージを見たときには、まさかこんなことになるとは、思ってもいませんでした。

それについては、驚きはなく、実は残念という気持ちもあまりなく、ただただ、切ない気持ちで一杯です。

今、私は学生時代によく通った街で働いているのですが、今日交差点に立ったときふと、学生時代にはこの信号を待っている間に、よく彼の音楽を聴いていたことを思い出しました。

私は彼の所属していたグループの大ファンで、何年もの間好きで聴いていましたが、時が経つにつれて私も成長し、また彼の音楽性も変わっていき、一世を風靡したころには、私に取っては彼は普通のミュージシャンと変わりない存在でした。

その頃に私が彼から受けていた印象は、何か大人になり切れてない大人みたいだな、というものでした。私も学生時代から社会人になって、いろんなことがあって、楽しいことがあったり苦労したことがあったり。若い頃と違い、彼の作った音楽だからといってすべてが好き、というわけには、やはりいくわけがありませんでした。

あの頃から長い長い時が経ち、結局なるべくしてこうなった、という気がしてなりません。この事件が思い起こさせる心境は、正に平家物語の序文でしかありません。

でも。それでも。
つらかったときや悲しかったとき、彼の音楽に救われたことがあるのは、本当です。あの頃聴いていた彼の音楽は、今でも大好きだし、私にとっては宝物です。大人になってから、大好きだった歌を初めてライブで聴けたとき、涙が止まらなくて仕方がなかったこともあります。
こうなったからといって、今まで彼の創造したものを、全否定するつもりは全くありません。

グループのメンバーがコメントを出していましたが、私もあれと同じ気持ちです。
罪を償った後、最初にピアノの鍵盤に指を置いたときの気持ちを思い出して、また立ち直ってくれることを、祈るばかりです。
posted by Mikkey at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

二桁

暦の月が二桁になると、あっという間に年が終わるような気がしますが、今年もまたそんな季節です。残すところあと2か月…早!

世間は株価が乱高下したりとかで大騒ぎしてますが…大変なことはわかるんだけど、マスコミの報道の仕方を見てると、もう少し冷静になろうよ、と思う。最近はどんな事柄でもそうだけど、今回特に不況を煽ってるよね、マスコミが。
その証拠に、個人投資家の含み損が何千万って報道は大々的にしてるけど、逆に景気のいいときに含み益が何千万て報道は絶対にしないじゃん(笑)。私、これがとっても不思議でしょうがないんですがー。
投資なんて損があって益があって当たり前のものなんだから、片方しか報道しないのは、なんか不公平だよね。

総理大臣がホテルで飲み明かしてるとかカップヌードルの値段を知らないとか、そんなことも割とどーでもいいと思います。金持ちが金を使わなくてどうするの。
そして解散総選挙も、誰もはっきり「やる」って断言してなかったような気がするんだけど、気のせいでしょうか?この日にやるって見通しをマスコミが報道してただけ、だったよね。違ったかな?

何はともあれ、無事に穏やかに年の瀬が迎えられれば、それでいいです。

ま、そんな話はともかく…。

今年は日本シリーズより先に、ドラフト会議だったんですね。つーか、シリーズ遅いよ(笑)。西武ドームは寒いッスよ…。
でも、明日から楽しみです。セ・リーグのチームがアレだと、気分が盛り上がるわ。

セレッソの森島選手が引退するということで、淋しいですね。日韓W杯から、もう6年か…。
今の代表に必要なのは、この人のような選手じゃないか、と。
育てようと思って、育てられるタイプじゃないけどね。

その他には…。
来月の酉の市は何日に行こうかな、と考えている今日この頃。まだ温かいので、何かその気になれない(笑)。
子供のころは、たとえ一の酉でも完全防寒で行ったものですが、今は三の酉だって、ジャケットとかで行けるもんね…酉の市に行くと「地球温暖化」だとつくづく思います。

何か今日は、友人に宛てるメールのような日記ですが(笑)。
こんな感じの、秋の昼下がりです。
そういえば、今日はハロウィンですね。
posted by Mikkey at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

RUN&GUN Stage『YooSoRo!〜日本を変えたヤツらを変えたヤツら〜』

今日はRUN&GUN Stage『YooSoRo!〜日本を変えたヤツらを変えたヤツら〜』を、未だにアートスフィアと言ってしまう(笑)、天王洲は銀河劇場に観に行ってきました。

前回の舞台とはがらっと雰囲気も変わり、今回は幕末という時代劇的なお話。幕末に日本で始めての蒸気船による軍艦に、石炭をくべる人夫としてやとわれた、若者たちの物語です。

幕末物を観るといつも感じるんですが、やっぱり若者の役者に幕末のドラマは似合うよね!いろんな解釈があるけれど、なんにしても若い人が演じる幕末物というのは面白いです。

今回は特に何か最後に希望が持てるような終わり方で、それがすごくよかったな。幕末の歴史はだいたい知っているので、話の大筋は理解済みで観ていたわけですが、どのようにしてその道を辿るのか。ここが興味深いポイントでした。

個人的には、15代将軍を運ぶ場面と、最後に榎本が死に損なうところが好きでした。榎本(武揚)が生き残るのはもちろんわかってるんだけど、いかにして生き残ったかというところが面白かったです。こんな榎本の解釈は初めて見たけど(笑)。

ただコレ、幕末の歴史をよく知らない人は、どうなんだろう…?とも、ちょっと思いました。勝海舟がナレーターのように幕末の歴史を説明してはくれるんですが、何をどうやっても幕末の歴史ってのはわかりづらいしね。そういえば、カメちゃんが池田屋事変で落命したってのは話してくれたけど、坂本龍馬は言ったっけ?私が聞いてなかっただけだったかしら?
ま、某大河ドラマのように、幕末物の弱点はそこですね。今年は調子がいいみたいだけどね(笑)。

個人的に、元はお百姓さんだった大作が、実は高貴なお人の落とし種で…なーんて話があったら、面白かったかな。それだと話のテーマが変わっちゃうか(笑)。でも、それっぽい雰囲気だったんで。

観劇の後は、友人たちとお茶をしてました。
が!
そこで起きた、とあるハプニングのため、何か舞台の余韻が吹っ飛んでしまったような気がしました(^^;)
いや、同じお店に某芸能人がいらっしゃっただけなんですが…。
私はいろいろあって割と芸能人慣れしているほうなんですが(ていうか近くにいても気づかないことのほうが圧倒的に多いので、よく怒られたりします)、やっぱ自分が興味ある芸能人の方がすぐ近くにいると違うよね…別に大騒ぎはしないけど、内心はひっくり返ってる(笑)。
帰りに、アレにすべて持ってかれた…と言い合いました。

ただ、今日記付けてよかったです。文章に書いていると、少しずつ頭のの中に甦ってきたかな。
前回の舞台とは雰囲気も全く違うけど、私は今回のほうが好みでした。
また舞台あるのかな〜?次があったら、また行きたいと思っています。
posted by Mikkey at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

今日は都会で

昨日は町屋でしたが、今日は新宿で友人とランチを。
都会です(笑)。

新宿というところ、昔は新宿経由の場所で働くことが多かったので、よく買い物などに行く街ではあったんですが、職場が変わってからほとんど縁がなくなってしまいました。今日も、いったいどれぐらいぶりに行ったんだろう。
モード学園のビルが建ってたなんて全く知らなかったくらいには、間が空いていました。

ランチは新宿高島屋にて。土曜の昼は、高島屋がいちばん無難かな。それなりに混んでるけど。
今日会った友人は、前回4月に会った幼なじみたち。半年振りの再会です。
歳も歳なので、最近は会うことに近況報告の中に病気の話題が…(^^;)
でも、私たちはとりあえず元気なので、それが良かったね、といつも話しています。

近況を話している間に、あっという間に夕方に。
年内にもう一度会いたいね、と駅で別れました。

このところ、秋物の服や靴が足りないので、買い物に行かなきゃ〜と考えていて、今日も待ち合わせの前にいろいろ覗いてきたのですが…やっぱ買い物って気合いですね(笑)。なんか良いものあればな〜くらいの気持ちだと、どうも財布が開かない。
てゆーか、秋真っ盛りなわけですが、売っているお洋服はすでに真冬もの。
いつの頃からか、ファッション業界の季節の進みが早すぎる!と思ってるんだけど、なんかますます拍車が掛かっているような気がする…。

そして地球温暖化の今日この頃、こんなに分厚いコートを売られてもな…と思ったりします。ロングコートとか、ホントに着なくなちゃったもんね。
もちろんそういうファッションをしている人もいるけど…。

今日のお買い物は結局、MARKS&WEBのハーバルウォーターと石鹸でした(笑)。ローズウッドのシリーズも、ハーバルウォーターがあればよかったのにな〜。

そんなわけで、せっかくパ・リーグのクライマックスシリーズが始まったのに、なかなか見ることができません(自業自得)。ま、今日は見なくて正解だったけどさ…。

明日は家でのんびり予定なので、見られるかな?
posted by Mikkey at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

不安定な時季

前回の日記から、大変なご無沙汰です。

その間何をしていたかというと…肩こりに苦しんでました(現在進行形)。

肩こりというか、私のこりは眼精疲労から来る首こりなんですが、先週の連休最終日から、なんかもう、ひどいひどい。先週末ぐらいから、その前兆はあったんですけどね。

なので、パソコンに向かうのは、仕事している間が精一杯。まだ肩こりは残っていますが、一昨日ぐらいからようやく改善の兆しが見えてきました。やれやれです。

この季節、過ごしやすい陽気ではあるんだけど、ちょっと暑いと汗かくし(私は汗っかきなので、余計に)、汗が引くと冷えるし、いろいろ矛盾している時季ですよね。顔や背中に汗かいてても、脚は冷えてるとか…。

こういう首こりの発作って、年に何回かあるんですが、だいたい気候が安定しない頃に起こりますね。私は寒いのは割と平気なので(冬生まれだから)、こうなるといっそ寒くなってくれたほうが、防寒だけ気を遣えば楽だと思う…化粧品も冬物にチェンジできるし(笑)。

それでも、今日はちょっと元気だったので、仕事帰りに町屋で友人と食事をしてきました。

東京の方は、なぜそんな地味な街で?とお思いになったかもしれません(笑)。地下鉄千代田線、都営荒川線、京成線の3つの駅がある街、町屋。都心にはさほど遠くはないですが、ほぼ住宅街です。

でも私、町屋好きなんですよ(笑)。東京で他にどこに住みたいかと訊かれれば、ベスト3には入ります。便利な街じゃないですか、町屋。

昨日は友人との待ち合わせに都合の良い場所だったので町屋にしたんですが、またここで集まろう、と意見が一致しました。

のんびりファミレスでご飯を食べてきただけですが、いろいろ喋れて、リフレッシュにはなったかな〜。

良い金曜の夜でした。


posted by Mikkey at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

2万人集結

だったそうですね、昨日のヘキサゴンライブ。

昨日は私も会場にいました(笑)。夜の本番ではなく、昼間の公開リハーサル公演でしたが、お友達が誘ってくれたので、それならと代々木第一体育館へ。

覚悟はしていましたが、すごい人でしたね〜。2万人というのも、むべなるかな。

リハーサル公演といっても、ほとんど本番と変わらなかったんじゃないのかな?私はものすごくヘキサゴンのファンというわけではないですが、とっても楽しめるライブでした。

やっぱり羞恥心は一度生で見てみたかったしね〜。つるのさんがものすごく歌が上手くてびっくり。てか、声もいい。

そして、今を去ること約30年前の大ヒット曲、「完全無欠のロックンローラー」を、まさか生で聞けるとは、思ってもみませんでした(笑)。人生何が起こるかわかりません。

しかし、CX@お台場テレビジョンは、こういう番組直結イベントみたいなのが、つくづく上手いテレビ局ですね。
実は、私が前回この場所で見たライブは、野猿の「完全撤収」コンサート。あれも番組派生のグループでしたが、あのときもすごかった…。
ところで、矢島美容室はアレはアレでいいですが、どうせなら野猿を復活させて欲しかった。期間限定でいいから。

それはともかく、ヘキサゴンという番組の性質上、小さい子からお年寄りまで、世代をほぼ網羅した客層でしたね。そんなわけで、通常のライブよりなんやかやと大変そうでしたが、それでもこれだけの観客を呼び、楽しませたこの企画、素直にすごいなあと思います。

久し振りの大きな会場のライブは、楽しかったけどけっこう疲れました(笑)。
posted by Mikkey at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

静岡おでん

今日は敬老の日。
一日早かったのですが、昨日は静岡に行って、祖母に会ってきました。両親もすでに敬老の域に入ってはいるのですが(笑)、祖母はさらにその上を行き、今年はとうとう百の坂を越えました。比較的長寿の家系だとは思うんですが(私が子供の頃まで、曽祖父が存命だったくらいで)、百越えはさすがに祖母が初めてです。

さて静岡に行くと、第一の目的はそれですが、第二の目的はもちろんグルメ(笑)。
といっても、東京ではなかなか食べられない、故郷の味覚を味わうということです。たかだか新幹線で一時間なのに、けっこう東京じゃ食べられないものがあるんですね。

そのうちのひとつが「おでん」。
最近は、旅番組などでも取り上げられることが多くなりましたね。そのたびにテレビの前で「食べたいー」と雄たけびを上げているのですが(笑)。

ちなみにタイトルは「しずおかおでん」ではなく「しぞーかおでん」と発音します。これも最近は、よく宣伝されています。宣伝されて気がついたけどね。それまで、まったく意識したことなかったなー。

今でこそ静岡のおでんの特殊性ってのは知られるようになってきましたが、昔々私が東京にやってきたときの、第一と言えるほどのカルチャー・ショックがおでんでした。私も静岡に住んでいたころは、通っていた幼稚園のそばにおでん屋さんがあって、お弁当のない日はよくそのお店で昼ごはんを食べていました。夏には「カキ氷におでん」というごく当たり前の静岡コンボを食していましたが、まさかそれが他所では驚かれる組み合わせだったとは(笑)。

東京へ来て、なんつってもショックだったのは、おでんに黒はんぺんが入っていないことでした。黒はんぺんはつみれの親戚みたいな練り物ですが、おでんの中で私がいちばん好きだったネタだったんですね。それがないっていうのは、ものすごいショックでしたよー(笑)。おつゆが白いとか串がささってないとか、青のりやだし粉をかけないとかっていう前に、黒はんぺん!(笑)それがなきゃ、おでんじゃない!

というわけで今回は、今年二月に開かれた「静岡おでんフェスタ」で優勝した「海ぼうず」さんのおでんを買って帰ってきました。静岡駅にお店がありますが、通りかかるたびに気にかかっていたんですよねー。

先程食べましたが、懐かしい故郷のおでんは、とても美味しかったです。満足満足!

大人になってから静岡に行ったときに、いてもたってもいられなくなり、前述の幼い頃に行っていたおでん屋さんにタッパー持って買いに行ったことも、実はあります(笑)。
それほどに懐かしい、静岡のおでんなのです。

大人になって静岡を離れたイトコも、帰省するたびに静岡でなきゃ口に入らない料理を、美味しいと言って食べているそうです。おでんも含めてね。

故郷の味は、離れて初めてわかる、有難味と美味しさなんですね。

posted by Mikkey at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

格闘中

以前、3年後にアナログ放送からデジタル放送にテレビが切り替わる、という話を書いたことがあります。

あれが4ヶ月ほど前の話ですが。

実は今年の夏、我が家に地デジがやってきまして。
現在、テレビと格闘しております。

私が住んでいるマンションのオーナーが、いよいよ地デジ導入に乗り出すってことで、元々マンション自体では加入しているCATVから地デジを引くことになったんですね。
そんなわけで、成り行きでCATVも見られることとなり、おかげで現在我が家で見られるチャンネルは、いったい何チャンネルになるでしょうか。
もう、一個・二個・たくさん、の世界です。

それにしても、CATVからの導入ということで、簡単に済むかと思えばまったくそんなことはなく。
現在使用している受像機器とビデオデッキをそのまま使用するので、何かいろいろ大変でした。接続の方法なんて、まったくわかりません。
ジャックにコード差し込むだけで見られた昔のテレビはよかったよ…という心境。

とりあえず今は、なんとかビデオも録画でき、テレビもちゃんと見られる状況です。何と戦っているかというと、番組表と格闘してるのです(笑)。リモコンに「地上デジタル」「BSデジタル」「CATV」と三つ並んでいる意味がやっとわかった、導入1週間目…いやコレ、最初ホントに意味わかんないよ!(>_<)

文句ばっかり言ってますが(笑)、それでもたくさんのチャンネルを見られるのは嬉しいです。夏休み前だったら、たっぷり見られたのにー。
今は会社から帰ってからのわずかな時間で、見たい番組を探しています。ま、実はそんなに毎日見たいものがあるわけじゃないけど(笑)。こんなにたくさん選択肢があってもね。

そして、今使用しているテレビはブラウン管のとても小さいテレビなので(なんてったって15インチ)、番組ガイドや番組情報を表示すると、テレビの目の前まで行かないと、字が読めない!
というわけで、いよいよテレビを買い換えるか…と洗脳されつつあります。乗せられたのか?!恐ろしい…!

しかしやっぱり、これを3年後までに日本全国全家庭に普及させるというのは、相当な難事業なんじゃないの…?と思います。てか、やってみて思った、つくづく。
前の日記に書いた、「地デジのメリット」は、まだまったく感じることはありませんが、それがあるとしたら、それを前面に押し出していかないと、誰も腰を上げないよ…?という意見は、自分が使うようになっても変わりません。これぐらい強制的じゃないとやらないよ、ホント…。
ラベル:2011年 地デジ
posted by Mikkey at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

トイレ事情

先日、無事終了した北京オリンピックのその後。

とあるワイドショーを眺めていたら、期間中ずっと北京にいたキャスターの方が、こんな話をしていました。

オリンピックの間、もちろんすごい人がスタジアムに詰め掛けたりしていたわけですが、関係施設のトイレがものすごく綺麗だったそうなんですね。よく工事現場にあるような仮設トイレも、ひとり入ったらすぐに掃除が入るような念の入りようだったそうで。そのために、トイレの横に掃除する人用の宿泊施設まであったとか(!)。

中国のトイレといったら、噂に聞く溝を掘ったああいうの、を思い出しがちなのですが、私もニュースなどで見た覚えがあるんだけど、当局は全力を挙げてトイレの様々な改善を行ったようです。

ところで、そんなわけで綺麗になったトイレは誠にめでたい話ですが、私が引っかかったのは「トイレが水洗じゃないので、使用済みの紙をゴミ箱に入れる」というところ。

以前、ホテル勤めの人から聞いた話がありまして。
曰く「中国の旅行者の人は、使用済みトイレットペーパーを汚物入れに入れてしまう」。
ので、掃除がとっても大変なんだそうです。そりゃそうだ。

ずっと、なんでだろうなんでだろうと思っていたのですが、オリンピックのトイレ話を聞いて、こういうことだったのか!と合点がいったのでした。

ま、なんというか…。
北京ではそうなんだけど、例えば余所の国に行った時もその習慣で押し通すのは、ちょっと止めて頂きたいな、と…(^^;)

日本でそういう旅行者がいるってことは、きっと世界各国にもいるってことなんじゃないのかな。そして、ちょっとした都市のホテルのトイレは、水洗の確率のほうが高いんじゃないか、と…。

こういうことって、向こうの国のガイドブックに書いてないのかなー?ガイドブックのそんなところまで、なかなか読まないだろうけど…。

昔々、日本人も海外に行ったときに、ユニットバスの床を水浸しにしてしまったエピソードなどがありましたが、それと同じようなものでしょうね。

ま、海外旅行は、郷に入っては郷に従え、ということです。
自戒も込めて(笑)。
posted by Mikkey at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。