2011年07月12日

粋な時代

昨日ツイッターで見たのですが、フランスの振付家、ローラン・プティ氏が亡くなったそうですね。このWikipediaには77歳って書いてあるけど、享年87歳(だと思う)。そのうち直るかな?

何年か前にベジャールおじさんが亡くなり、今回プティ氏が亡くなり…時代は過ぎていくんだなあ、と改めて当たり前なことを感じたりします。

戦後、1950年代のパリというのは、戦前のベル・エポックに比べて取り上げられることは少ないような気がしますが、個人的にはとても興味深い時代です。パリ解放後に世界大戦が終わり、戦争の間抑制されていたものが、一気に噴き出したような時代。ある種の改革の時代ともいえるこの年代は、バレエの世界ではベジャールやプティなどの著名な振付家を産み出しました。

私がプティ氏のバレエを観たのは、もうずいぶん前になるかな…。
「コッペリア」でした。
今考えると彼の「コッペリア」は、子供には難しすぎたと思う(笑)。
それでも子供なりにそれまで知っていたバレエとは何かが違うと感じ、長じて前記のような時代のことを知り、すとんと納得したような気持ちになったことを、覚えています。
映画「足ながおじさん」の振付などを観ていると、私に取ってプティ氏のバレエは、洗練されたフランスのエスプリが詰まっている、粋な感じのバレエという印象がありました。

つい最近まで「ダンシング・チャップリン」などで活躍しているのは耳にしていたので、ご高齢だということはわかっていましたが、なんかいつまでも元気で振付なさっているような気がしていたなあ…。

訃報記事はこちらで知りました。

追悼の舞台とかテレビで放送しないかな…でも今我が家は、地デジのあおりをくらって、録画機器が使えない…(涙)。
posted by Mikkey at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

3連勝

ハラタクと岸くんのヒーローインタビューって珍しい〜。

今日もライオンズは、繋ぎの野球を見せて、快勝しました。
岸くん、久しぶりの勝ち星。

初回からガンガンいった今日の試合でしたが、観ていて気持ちのよい試合でした。
何がきっかけで、こんなに打線が繋がるようになったんかな〜?
クラシックのユニで気分が変わったとか?(そんな単純な話じゃないだろう)
ま、ビッグイニングが作れるようになったのは、よいことです。

それにしても今日は、なんかいろいろありましたね〜(^^;
あわやあの乱闘というシーンは、いったい何があったんだ…?
ガタイのデカい監督を、必死で押さえていたあさむーが健気に見えました(^^;

さて、これで13連戦で4試合が終わり、3勝1敗。
今まではホームゲームでしたが、これからロードに出ることになります。
敵地でこのプレーができれば、先々大きな希望が持てるかも…。

まず、明日からの千葉でどんな試合ができるか、ですね。
posted by Mikkey at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

ネバネバ

今日は久々の現地観戦でした〜。

7月10日.jpg
知り合いの方に席を譲っていただいたのですが、いつも自分で買う席よりも良い席で…デジカメ持ってけばよかった、とちょっと後悔。携帯だとこんなものなんだよね。
1回表の守りの直前。

夜のスポーツニュースで取り上げられていたのは、主に3回裏の攻撃と、5回裏のおかわり君の一発。
3回の攻撃は、確かに久し振りにこんなに繋がった連打を見ましたよ〜。ただ、スポーツニュースではナカジからしか映してもらえなかったけど、これに至ったのは、その前の原くんの粘りがポイントだったと思う。ホント、ここはよく粘った。ツーアウトだったし、とにかく塁に出てくれればと思ってたんだけど、粘った末のセンター前。これがなかったら、後もなかったでしょう。

6回のおかわり君のホームランは、ホントでかかったなあ…。
何回か西武ドームでおかわり君のホームランは見ていますが、あんなのは初めて見たかも。

というわけで、久々に良い気分で観られた試合でした。いや、ここのところの連敗しているときなんかも、もちろんテレビ観戦はしてたけどね。現地で勝った試合を見たのは久し振り(いつ振りだ…?)でした。昨日は母の誕生日で、母と観に行ったので、良い誕生日プレゼントになったかと思います。

13連戦真っ只中のライオンズですが、そしてまだまだ道は長いですが、暑いさなかだけど、この調子でとにかく「繋げて」いって欲しいですね。

それにしても、わかっちゃいるけど、ドームは暑かった…ヒロインで一久さんができればやりたくないって言ってたけど、気持ちはわかる…。
日本の夏はどーなってるんでしょうね?

ところで、ちょっと気にかかったことが。
私の席の回りは、昨日はおそらく20代から30代にかけてくらいのカップルが多かったんですが、その人たちがみんな、帰るときにゴミを席に置きっぱなしにしていたことにびっくり。
ゴミは自分で片付けるもんじゃないの??そういう教育を受けてないの?そしてカップルでもどちらかが「持っていこう」とか言わないの??
…どちらも言わないから、そういうカップルなんでしょうけどね。
正直そういうのを見ると、年寄りとしては「これだからゆ●り世代は」とつい言いたくなってしまう。
でも後ろにいた親子連れは、やっぱり同じような年代だけど、きちんと席をきれいにして帰ってたよ。
この違いってなんなんでしょうね?
マナーとしてはゴミは自分で捨てに行くべきだと思うんだけど、時代が変わったっていうことなのかしら…?
posted by Mikkey at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

日曜日の夜

ここのところ日曜21時台のテレビ視聴率争いが話題に上ることがあります。

震災以降、日曜夜の在宅率が高くなっているとか。
冬になると日が落ちるのが早いので日曜夜の在宅率は上がるので、夕方の番組「笑点」や「サザエさん」の視聴率が上がることになります。
現在は夏に向かっているので日は長くなりましたが、それでもこの21時台のテレビ視聴率が各局合計で8割近くになるということは、単純にやはり在宅率が高いのでしょうね。

今クールの21時台はTBSの「JIN -仁-」・フジの「マルモのおきて」のドラマ二作品に注目が集まっています。今回は「JIN」の一人勝ちだろうと予想されていたところへ、ダークホースの「マルモ」が上がってきたというところでしょうか。

ちなみに私は「マルモ」を観ております。サダヲ好きなので。「JIN」は前作は観てたけど、今回は初回が妙につまらなかったのでやめてしまった。

この視聴率ってヤツは、正直あまり精密な統計ではないので鵜呑みにしてはホントはいけないのですが、それでもやはりある程度の目安にはなるわけで、テレビ局内では毎日朝9時のビデオリサーチの発表とともに、イントラネットに飛びつく番組制作者は多いでしょう。

昔々の話ですが、私が某テレビ局にいたころはまだイントラネットが導入されていなかったので、朝出社するとわざわざ視聴率表を取りに行ってました。

その係が私だったのですが、当時とあるものすごい視聴率を獲得したドラマがありまして、その放送日の翌日は出社するとすぐに「表、取りに行ってきて!」と声が飛んできたものでした。そしてそれを取りに行ってくると「●●、どうだった?」とやはりあちこちから訊かれまして。
そしてすぐに社内の壁という壁に、誇らしげに「高視聴率」ポスターが貼られたものでした。

その頃の数字は、今の「マルモ」の視聴率の倍ぐらいでしたかね〜。
だから、今のドラマが15%でヒットというのが、実は感覚的にはよくわからないんですよね。
まあ、時代の違いです。

ちなみに新聞などに掲載される視聴率は、15分以上の番組と決まっています。でも、ひとつの番組が終わった後に流れる5分間番組などでも、実はきっちり数字が出てるんですね。

先述の、とあるものすごい視聴率を獲得したドラマの後にオンエアされていた5分間番組は、現在放送されているどの番組でも敵わないほどの高視聴率が続いておりました。これはホントにすごかった(笑)。

おそらく私が某テレビ局にいたころが、テレビドラマの最後の絶頂期だったので、それはそれで良い時代を過ごしたのかな、と思います。
あれからインターネットという、現在のところテレビにとって強い敵でもあり味方でもある媒体が登場し、趣味の多様化とともにテレビのチャンネル数も増え、それによって分散してしまった結果、昔のようにとんでもない視聴率が飛び出る機会は、ほとんど無くなってしまいました。

なので、たまにこういう「争い勃発」みたいな記事を見ると、実はちょっと嬉しいのかもしれない(笑)。

そして、制作現場も大変なのはわかるけど、ここまで原作付きのドラマが増えるとオリジナルのドラマなんか作れない状況になってるんじゃないかと心配していたところに、オリジナルである「マルモ」が現れて数字が取れているのは、悪くない傾向なのではと思います。まあどこかで見た話だと言われればそれまでですが(でもそういう話を普遍的に仕上げるのは難しい)。

「マルモ」の成功の要因については、いろいろあるかと思いますが…あの歌とダンスが良かった、ということにしておきましょうか(笑)。

それにしても、ただの小さいブラウン管チャンネルテレビ(しかも足付き)の頃のほうがテレビ視聴率は高くて、薄型でかい液晶テレビ(しかも地デジ)でハードがものすごく進歩した今のほうがテレビ視聴率が下がっているというのは、何かちょっと皮肉な感じがしないでもないような気がします。今は昔ほど一生懸命テレビ見ないんだけど、ハードは素晴らしくなったのよねえ…。
posted by Mikkey at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

102球

今日のライオンズは、4対1で快勝〜(^^)
ワク、ナイスピッチングでした。102球で終わったのは最小球数だそうで、本人も「信じられない」ってコメントしてましたね〜。省エネピッチングも極まれり。素晴らしいッス。

お立ち台にワクと一緒に上ったのは、クリでした。3安打猛打賞、最近ホントに安定してますね。いいところで打つもんなあ…そして他が打てないのに打ったりとか…。

ちょっと心配だったのはナカジかな。でも打つほうはアレだったけど、8回のライナーはナイスキャッチでした。

今日の試合はなんせ、ファースト・セカンド・サードといっこずつエラーしてるじゃないですか…これでナカジもだったら、イヤンな感じで内野総なめでしたが(^^;)

ところで今日の試合、最初のほうはQRでラジオを聴き、、途中から電車がテレ玉ワンセグが入るところにさしかかったので、そこからはラジオ+ワンセグで見聴きしておりました。

その、ライオンズナイターで。

試合の始めのほうでしたが、いきなり「片岡ってホントに涌井のこと好きなんですね〜」とアナウンスがあり、なんだそりゃ?と思って耳をかたむけていたら、今日のヤスはワクにまとわりついていたもののワクは無視していた、ということ。これ、斉藤一美さんが言ったんだよね?ツイッターにも書いてあったけど。

それを聴いたあとに、帰宅してテレビで中継を見ていたのですが、8回だっけ、あのヤスの送球エラーのあと、マウンドに内野陣が集まったじゃないですか?思わず注目して画面を見ていたのですが、ヤスを見下ろしたワクと、ワクを見上げたヤスの表情がおかしくって(笑)。

その後、ワクの見事な牽制球でランナーがアウトになり(このワクの表情は凄味がありましたね〜)、もういっこアウトを取ってスリーアウトでベンチに引き上げたとき、またヤスがワクに何か声をかけていましたが、ワクはまたしても無視っていたような…(^^;)

最終的にワクが笑顔で応対したのは、試合が終わってからでした。まー、無理もない。

QRで流れた言葉についうっかり?左右されてしまった、今日の試合でした(笑)。

それにしても、ホークスが負けてくれないね…ドラゴンズまで完封されちまったら、どーすりゃいいんだか…(-_-;)
posted by Mikkey at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。